タグ:xperia

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    8月27日発売 Xperia ray SO-03Cを発売日に定価購入してきました。
    定価購入するのは、昨年のXperia以来久しぶりです。
    ちなみに去年、8月にXperiaをMNP定価購入した一週間後にMNP0円になっていたので、これがあまりにもショックすぎたので、今回のこのrayは発売日に購入してやろうと思い模索しました。
    もちろん、定価で買う以上買い増しでの機種変更です。 

    8月27日開店にいったらもう人が並んでいたので、朝の契約は諦めて予約番号と契約書だけ書いて夕方にいざ受け取りへ。


    そして受け取ってきましたray!!!!!!!!!!!!!
    久々の興奮です。Xperia acroも買いましたが、やっぱりこのrayのサイズは最高ですね。


    あいにくのゲリラ豪雨の中でしたが、濡らすこと無く家にたどり着きました。
    そして開封です。

    写真 11-08-27 21 08 58


    色はピンクを買いました。auのacroを使っていたときにはなかなかよかった色だったので今回もそれに似た色としてこのピンク系統です。


    ケースは

    写真 11-08-27 21 07 27

    シェルケースの白を購入です。
    あとで本来の色が生きるクリアケースも買い足そうと思います。


    それでは今回の支払った金額ですが、
    運良く機種変更のクーポンがきていたメイン番号のN905iからの機種変更をしました。

    (1)商品代金 一括
    ・頭金          0円
    ・本体       36960円
    ・機種変クーポン  -8400円
    ・スマホ学割    -5250円
    ・ポイント      -5670円
    合計 17640円

    ケースはこのお店からの購入時のサービスです。
    2000円までのケースならどれでもオッケーということだったので、1980円の少し高めのケースをもらいました。
    最初にケースを買うお金がなかなか高いので、ここがサービスしてもらえるのがかなりいいサービスです。

    (2)契約プラン
    もともとこのN905iはずっとこれからも使い続ける予定なのでrayにSIMカードなんていりません。これにはXperiaのSIMカードを差して受信用に使います。

    ・タイプSSバリュー980円 → タイプSSバリュー980円
    ・iモード 315円 → SPモード+iモード 315円 (ISPセット割適用)

    発着確認をするとパケット代などがかかるのでそれもなく引き渡してくれました。自分で動作確認しろっていう意味かもしれませんし、それぐらいするので時間の節約になって両者WinWinです。
    もちろん、この時点で月々サポートは切っています。パケホーダイの契約が必要なので、特にこガラケーにSIMを挿し替えて無料通話分でしかパケット通信しない自分にはメリットがありません。
    SIMカードはrayの契約に変わりましたが、これからもNECガラケーの最高峰N905iを使っていきたいと思います。
    目指せ同一回線契約10年超!!

    写真 11-09-03 12 28 56


    そんな感じでray一括でなかなか安い値段で買ってうはうはの自分です。
    とりあえず、いじいじした感想からすると小さくて軽くて使いやすいです。
    まず、画面が小さく片手でいじれるというのが最もいいメリットです。
    またタップの反応も良く、小さい画面ですがフリック入力ではほとんど困ることはありません。
    DesireHDではでかくて困っていましたが、このrayではそういうこともなく快適に使えそうです。
    動画や写真を見るときもブラビアエンジンをオンにすれば少し綺麗にみることができます。
    また、このXperiaのいいところをひとつ上げろと言われれば、一番いい部分はカメラです。
    暗いところの処理がうまく、真っ暗なところでもしっかりとした写真や動画がとれます。
    ここが一番お勧めなポイントです。まさしくarcをぎゅっと詰め込んだ高性能さ。
    今でもSPモードを使ったテザリングには対応していますが、今度、rootなども取れて純正テザリングなども出てくることと思います、そうなったときさらにスマートフォンの歴史に名を残す名端末として、今後も語り継がれていくことになるんでしょうか。

    まず、これまでにない毎月のサポートなどでごまかさない低価格設定、これが購入しやすい理由です。
    安いけどいいスマートフォンが欲しい、シンプルなやつがいい。機能がいいやつがいい。そんな人におすすめなのがこのXperia ray SO-03Cです。


    みなさんも自分の使うシーンに会った一台を探して、ぜひスマートフォンライフをさらにワンランクアップした充実したものにしていきましょう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    先日名古屋にいく用事があったので、三宮からバスにのっていってきました。
    まず名古屋について一番最初にいくところといえば、みなさんはどこでしょうか?


    もちろん私はビックカメラです。 

    さてそこで目撃したのは
    x2_771794b
     
    7月30日から31日の2日間限定でMNP一括0円というものでした。 
    関西では最近、あまりこういうほぼ条件なしの安売りがなかったので、即買いましょうと決断をしました。
    MNPで0円だったので、どの番号からにしようかなってことで、最近あまり使っていないDesireHDの番号でMNPすることに。
    売り場の前でソフトバンクのダイヤルに電話です。10分程度でMNP番号を取得して、早速契約へといきました。

    こんなに簡単にMNPできるなんてコワイ世の中ですね。


    写真 11-08-02 23 28 23



    さて、今回かかった費用とこれからかかる費用を計算してみたいと思います。
    ちなみにこの端末は自分の契約ですが、妹が最近、中学生になり友達と連絡とかするために携帯かスマホを買うということだったので、そのまま端末とかあげたいと思っています。このacroはスマホ初心者や既存のガラケーユーザにとっての一台もちには十分な性能だと思います。キャリアメールは9月対応ですがそれが始まればです。
    ということで今回の書き方はMNPにかかった初期費用と、普通に中学生が携帯を使うときに必要であろうこの端末の月額費用にわけて書いていきます。

    MNPにかかった初期費用
    ・ホワイトプラン違約金 9975円
    ・転出手数料        2100円
    ・新規手数料        2835円

    合計  14910円

    初期費用がだいたい乗り換えの場合は15000円かかりました。
    つまり、このXperia acroが15000円ということで置き換えてもらっても大丈夫かなと思います。
    このMNPですが、docomoの2in1や、ソフトバンクのプリペイドを使えばもう少し安くなります。

    月額料金
    ・プランSSシンプル 980円(無料通話1000円)
    ・IS NET                      315円
    ・IS フラット       5460円
    ・ケータイサポート   315円
    ・ユニバーサルサービス料 7円
    ・毎月割       -1800円

     月々4962円


    これが一般的に携帯を使う人の料金と見積もっています。さらによく話をする人がau同士であれば指定通話315円をつけて電話などもお安くしたりとかそこは柔軟にすればいいということで、パケットなどもしっかり使えて端末保証もつけて最新機種が月5000円を切るこの値段というのはかなりやすいと思います。
     
    写真 11-08-02 23 30 24

     ちなみに使い勝手の方ですが、Xperia arcなどから噂されていたリブートを繰り返したりメモリが足りなくなるということもなく、とても快適にサクサク動きます。もしかして自分の端末だけかもしれませんが、おサイフケータイやワンセグなどもガラケーのように使えて便利です。さらにau回線もソフトバンクとは比べ物にならない程度に快適です。最近はdocomo回線が詰まるところも多くなってきたので、その分ではauでパケットを使うのは速度的にはdocomoと同等ぐらい出ますので快適です。 


    ちなみにいつものようにMNP一括0円で契約をした場合でのモデルケースとしての最低維持料金をしめしておきたいと思います。



    1.最低維持料金(毎月割を残すパターン)
    ・ プランSSシンプル 980円
    ・ダブル定額    2100円
    ・ユニバーサルサービス料 7円
    ・毎月割      -1800円
    =月々1287円
    ・新規手数料    2835円
    2年合計 33723円+MNPの費用 


    2.最低維持料金(毎月割を残さないパターン)
    ・プランEシンプル 780円
    ・ユニバーサルサービス料 7円
    =月787円
    ・新規手数料    2835円
    2年合計 21723円+MNPの費用

    これだけ見ると毎月割を残す方が安いかもしれませんが、今後毎月割が増額などさらた場合にはまた違った結果がある可能性があります。

    ※追記 回線を寝かすつもりでMNP一括0円などでauを契約するなら月末がお得です。契約時にはパケット定額などに入らないといけない場合が多いです。その際に後日外すことになるのですが、その外す手続きが反映されるのは次月からになります。そして月末までのパケット定額の料金は日割りになるので、なるべくなら月末に買うとそのパケット定額の日割り日数がすくない分だけ負担が少なくなります。


    MNPとして、一番簡単なのはdocomoの2in1で既存のdocomo音声回線にBナンバーをつけてそのBナンバーを転出するというのが簡単な方法になります。

    ・docomo 2in1 でMNPするまでにかかるお金
    基本料金 25円(1日分)
    MNP手数料 2000円
    消費税 101円
    合計 2126円

    これでMNPできる番号が手に入ります。これでできれば一番お安い方法かもしれません。


    auではXperia acroやINFOBARやGzなどの最新スマートフォンでもMNP一括0円になっていることがあります。
    みなさんもMNPを使ったりなどして、
    「端末は買うものではない、0円で支給されるものだ」ってことで月賦なんてあまり使わずに最新機種を手に入れてスマートフォンライフを楽しみましょう。



    このページのトップヘ