タグ:ray

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    Xperia ray SO-03Cを買って約2ヶ月がたったのでその使い勝手を日常生活の観点から語っていきたいと思います。


    写真 11-10-19 17 59 01
     
    8月の発売日にdocomoより買ったのがこのXperia rayです。
    去年はXperiaを買ったので、8月はもしかしたらXperiaばかり 買ってた感じでした。


    さて、2ヶ月使っての足回りなのですが、ポケットにはいつもこれを入れています。
    女子用向けスマホという位置づけなのですが、 大きなスマートフォンが多い中でこのサイズは持ち歩く時にカバンの中に入れる女性というより、ポケットに入れる男性に向いていると思います。

    主として使っているのは、移動中のメールの確認です。
    わざわざ大きいスマートフォンを取り出してみるようなものでもないときは、このコンパクトさがいかにもコンパクトなスマホという雰囲気を出してくれます。

    写真や動画を取る際も、そのカメラの性能に他のスマートフォンと比べて驚かされます。
    他の端末では暗い所では真っ黒な写真しかとれない場合が多いですが、このrayには暗いところにつよい背面照射型CMOSセンサーがあの小さなサイズでも搭載されており、目でもくらく写真なんて写らないだろうなと思うところでもしっかりと撮ることができます。
    もちろんAndroid端末ですので、自動的にバックアップへアップロードされ、さらに共有としてツイッターやフェイスブックなどへもらくらくと投稿できます。小さいので瞬時の動作にもしっかりと持ちやすく対応してくれます。

    音楽再生もウォークマンを出しているソニーだけあって、音質の方もと思います。サイズもポケットでおさまる程度なので、持ち運びなどにもまったく気になりません。

    電池持ちがいいのもこの端末の特徴です。大きいサイズの画面が多いスマートフォンというのはどれだけバッテリーを節約しようとしても、その大きな液晶でバッテリーを一番食ってしまうものです。しかし、このrayは逆にコンパクトな液晶のために、それだけで電池持ちがよくなるのです。1日使っても十分電池がある、待機電力も少ない。しっかりと考えられたrayは持てばその電池持ちのよさを実感できると思います。

    さらにフリックの感度を心配する人も多いみたいですが、自分が使っている感じではフリックも難なくできます。
    自分はATOKしか使っていないのですが、キーボードのサイズなどを調整することでさらに使い勝手が向上しそうな気がします。やはりサクサク動作するのでフリックの途中で画面がフリックの速さについていかなくなるような、国産Android端末とは、たとえ画面が小さくとはいえ違います。
    逆に画面が小さいことで、片手で入力中にでかいスマートフォンでは少し気になっていた。バックキーや決定などの操作をする際に、指を思いっきり伸ばさないとタッチできないということがなくスムーズな入力が可能です。

    自分がこの数カ月、惚れ込んでいる点はこの片手でスムーズにできるフリックの入力です。
    両手で入力する派の人、片手で入力する派の人などいろいろいますが、自分は左手だけの片手で入力する派なので、この画面サイズが指を伸ばしきらなくてもジャストの位置に、キーがあるのがとても入力時に助かっています。そしてこの点がrayの魅力を決める最大のポイントだと思います。


    写真 11-10-19 17 59 33


    デメリットをあげるとすれば、動画閲覧などの大画面の方がいいコンテンツなどはさすがにあの画面サイズでは物足りない場合があると思います。

    スマートフォンは自分にあった用途をしっかり検討し、そして選べばとても満足度の高い便利なものになりえます。機能だけに惑わされるのではなく、自分の使う場面などを考えて、後悔しないように選ぶことが大切です。
    それが自分の場合は小回りの効くXperia rayでした。


    みなさんもぜひ、この一台というのを見つけて愛着をもってつかってあげてください!!


    ※10/20 カメラ部分の訂正をしました。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    8月27日発売 Xperia ray SO-03Cを発売日に定価購入してきました。
    定価購入するのは、昨年のXperia以来久しぶりです。
    ちなみに去年、8月にXperiaをMNP定価購入した一週間後にMNP0円になっていたので、これがあまりにもショックすぎたので、今回のこのrayは発売日に購入してやろうと思い模索しました。
    もちろん、定価で買う以上買い増しでの機種変更です。 

    8月27日開店にいったらもう人が並んでいたので、朝の契約は諦めて予約番号と契約書だけ書いて夕方にいざ受け取りへ。


    そして受け取ってきましたray!!!!!!!!!!!!!
    久々の興奮です。Xperia acroも買いましたが、やっぱりこのrayのサイズは最高ですね。


    あいにくのゲリラ豪雨の中でしたが、濡らすこと無く家にたどり着きました。
    そして開封です。

    写真 11-08-27 21 08 58


    色はピンクを買いました。auのacroを使っていたときにはなかなかよかった色だったので今回もそれに似た色としてこのピンク系統です。


    ケースは

    写真 11-08-27 21 07 27

    シェルケースの白を購入です。
    あとで本来の色が生きるクリアケースも買い足そうと思います。


    それでは今回の支払った金額ですが、
    運良く機種変更のクーポンがきていたメイン番号のN905iからの機種変更をしました。

    (1)商品代金 一括
    ・頭金          0円
    ・本体       36960円
    ・機種変クーポン  -8400円
    ・スマホ学割    -5250円
    ・ポイント      -5670円
    合計 17640円

    ケースはこのお店からの購入時のサービスです。
    2000円までのケースならどれでもオッケーということだったので、1980円の少し高めのケースをもらいました。
    最初にケースを買うお金がなかなか高いので、ここがサービスしてもらえるのがかなりいいサービスです。

    (2)契約プラン
    もともとこのN905iはずっとこれからも使い続ける予定なのでrayにSIMカードなんていりません。これにはXperiaのSIMカードを差して受信用に使います。

    ・タイプSSバリュー980円 → タイプSSバリュー980円
    ・iモード 315円 → SPモード+iモード 315円 (ISPセット割適用)

    発着確認をするとパケット代などがかかるのでそれもなく引き渡してくれました。自分で動作確認しろっていう意味かもしれませんし、それぐらいするので時間の節約になって両者WinWinです。
    もちろん、この時点で月々サポートは切っています。パケホーダイの契約が必要なので、特にこガラケーにSIMを挿し替えて無料通話分でしかパケット通信しない自分にはメリットがありません。
    SIMカードはrayの契約に変わりましたが、これからもNECガラケーの最高峰N905iを使っていきたいと思います。
    目指せ同一回線契約10年超!!

    写真 11-09-03 12 28 56


    そんな感じでray一括でなかなか安い値段で買ってうはうはの自分です。
    とりあえず、いじいじした感想からすると小さくて軽くて使いやすいです。
    まず、画面が小さく片手でいじれるというのが最もいいメリットです。
    またタップの反応も良く、小さい画面ですがフリック入力ではほとんど困ることはありません。
    DesireHDではでかくて困っていましたが、このrayではそういうこともなく快適に使えそうです。
    動画や写真を見るときもブラビアエンジンをオンにすれば少し綺麗にみることができます。
    また、このXperiaのいいところをひとつ上げろと言われれば、一番いい部分はカメラです。
    暗いところの処理がうまく、真っ暗なところでもしっかりとした写真や動画がとれます。
    ここが一番お勧めなポイントです。まさしくarcをぎゅっと詰め込んだ高性能さ。
    今でもSPモードを使ったテザリングには対応していますが、今度、rootなども取れて純正テザリングなども出てくることと思います、そうなったときさらにスマートフォンの歴史に名を残す名端末として、今後も語り継がれていくことになるんでしょうか。

    まず、これまでにない毎月のサポートなどでごまかさない低価格設定、これが購入しやすい理由です。
    安いけどいいスマートフォンが欲しい、シンプルなやつがいい。機能がいいやつがいい。そんな人におすすめなのがこのXperia ray SO-03Cです。


    みなさんも自分の使うシーンに会った一台を探して、ぜひスマートフォンライフをさらにワンランクアップした充実したものにしていきましょう!

    このページのトップヘ