タグ:Pro

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5/25都内某所で開催されたファーウェイのタッチ&トライイベントに参加してきました。
    対象機種は今回発売されたMediaPad M5とMediaPad M5 Proとなります。

    HUAWEI MediaPad M5 商品ページ
    HUAWEI MediaPad M5 Pro 商品ページ

    <お借りしたMediaPad M5 Pro>
    29251


    10.8インチのディスプレイ、MediaPad M5 Proについて、性能はAndroidタブレットでは申し分ない最新OSのAndroid8.0、Kirin 960、RAM4GB、ROM64GBとなっています。となっています。競合は少ないですが、日本で販売されているタブレットとしての性能は現状一番いいのではないかと思います。

    スペックだけではなく、中身のこだわり性能もあり、そちらちょっと見にくいスライドですが、個人的にお借りしたMediaPad M5 Proについて試してみたいものを何個かピックアップしてみます。

    29234

    29234


    視力保護モード、という会社ごとに言い方が違うものが搭載されています。
    本体で確認すると、設定→画面に視力保護という部分があり、 要するにブルーライトカットの機能となっています。設定する時間や色温度を変更可能です。

    <スピーカー>
    29233

    おそらく今回のモデルで一押しの機能です。大きめのタブレットなので、4つのスピーカーがついており、harmon/kardonのロゴも背面についており、これだけで耳が幸せになれます。実際にデモもありましたが、なるほどこれが4つスピーカーがあるからかという感じで、ハイレゾ再生よりもむしろタブレットで動画を見るということで一番この効果がわかるかもしれません。
    とりあえず、海外ドラマをみてみるつもりです。

    <ペン機能>
    29231

    今回のMediaPad M5 Proにはペンが付属します。別売りじゃないからそもそもりんごよりも良心的です。ペンもCの端子で充電ができるタイプとのことです。

    29232

    某所では神絵師とよばれる私なので、みなさんにあふれんばかりの才能を見せつけるチャレンジを・・・


    また、オーディオビジュアルライターの折原さんの講演があり、その中でMediaPad M5、音のこだわりが強い機種ということで紹介されていたので、これから短い間ですが、使うのが楽しみです。
    自分がどういうシーンでタブレットを使うのか生活を見直しながら、次回のレビューをしていきたいと思います。

    29220

    なお、ちらっとスタッフの方が持ってこられたこちらも値段はすごいですが、音もすごいようなので、販売されたら触ってみたいものです。


    Huawei 8.4インチ MediaPad M5 8 SIMフリータブレット ※LTEモデル 32GB RAM4GB/ROM32GB 5100mAh【日本正規代理店品】オリジナルケース付属

    新品価格
    ¥49,464から
    (2018/5/26 01:38時点)


    Huawei 10.8インチ MediaPad M5 Pro タブレット ※Wi-Fiモデル 64GB RAM4GB/ROM64GB 7500mAh【日本正規代理店品】オリジナルケース&タッチペン付属

    新品価格
    ¥59,184から
    (2018/5/26 01:39時点)


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ドコモの春モデルがどんどんご愛顧、ダイレクトになっていきます。それにしても月々サポートがなくなって約4万円という価格は実は月々サポートがあったときよりも高くなってないですかと疑いたくなるところですが、おそらく最近のドコモの月々サポートの廃止をしている理由としては2年縛りという期間中にも何度もスマートフォンを買ってほしいということに真意がありそうです。もちろんその方が結果的に現状の計算方法のARPUも高くなるのではないでしょうか。ユーザーとしても2年間同じ機種をずっと使い続けないといけないということもなくなり、半年や1年周期、時期ごとに機種変更をしていくことが出来るというメリットもあります。こう考えると1シーズン前の機種が機種変更で安く買えるという路線は、ドコモのアンケートであるような「前の機種でいいから安いものがいい」という要望にも答えているという感じだと思います。

    昨年の同時期の月々サポートの50400円増しという2年間ガチガチに使わなければ恩恵が受けなかったら路線から、突然、機種変更するときは古い機種ならいつでもいいよという路線になったドコモはこれからどこに向かうのでしょうか?もしかしたらスマホをどんどん買い換えていく時代の到来なのかもしれません。

     

     

    そして、その混迷の中で、以前発表されていた新機種が発売されました。

     L04E_PlatinumWhite_XL

    Optimus G Pro L-04Eです。高スペック、大容量バッテリー、そしてFULLHDディスプレイと一台で持ちたいにはおすすめの機種です。ただ防水はついていないのでこれまでの機種と同じように水につけるとまずいようです。LGの使い心地は細部までこだわってつくり込んでいるところにあります。使えば使うほどその辺を納得できるのではないでしょうか。

     

     

    それでは料金をみていきたいと思います。

     

    【4月4日発売!!Optimus G Pro L-04Eの維持費を計算してみました。】の続きを読む

    このページのトップヘ