タグ:PHONE

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    新機種が発売するということで話題の中心なのは25日に発売されるauのXperia Z Ultra SOL24やG Flex LGL23ですが、その前日24日にはAQUOS PHONE EX SH-02Fが発売されます。ちょうどこのブログが投稿された瞬間が発売日です。

    SH02F_Magenta_XL

    AQUOS PHONE EX SH-02Fは画面サイズ4.5インチの最近発売されている機種ではちょっと小さめの部類に入ります。もちろん全部入りスマホです。また小さいながらもしっかりとシャープの液晶IGZOも搭載し、液晶の精度も省エネも抜群、ドコモいわく3日間使えるスマートフォンです。

     

    今回は髪の毛1本1本までこんなにリアル!と噂のAQUOS PHONE EX SH-02Fの料金とみていきたいと思います。




    【1月24日発売!みんなの満足スマホ “AQUOS PHONE EX SH-02F”の料金まとめ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    3日間※余裕で使える。

    3日間※余裕で使える。

    3日間※余裕で使える。

    という感じで充電を気にしないスマートフォンとして発売されたAQUOS PHONE ZETA SH-01Fです。
     AQUOS PHONE ZETA SH-01F

    電池持ちをもっとも重視しているというより、その辺しか売りのないスマートフォンだとは思います。マジックグリップを採用していると小回りの効くような感じはしますが、実際のところではおそらくARROWSのほうが小回り重視派の人にはおすすめです。ということで、電池持ちだけが特徴となりますが、正直言えば看板は少し※印の部分をしっかり読まないといけないかもしれません。

     

    1 一般に想定されるスマートフォンの利用(Web閲覧等を約40分、メールや電話を約20分、ゲームや動画、音楽を約15分、その他アラームなどを約5分の計約80分間/日の利用)があった場合の電池の持ち時間です(NTTドコモ調べ)。

     

    ということのようなので、このスマートフォンで3日間電池が持つ方は毎日80分しか使わないというドコモの想定ということです。この80分を長いとみるのか、短いとみるのか、そこで毎日1時間ほどしかスマートフォンをいじらないライトユーザーの方にはおすすめだといえるかもしれません。

    一方、電池消費をガンガン構わずに使う人にとっては、以前より結構電池残量によって勝手に省電力モードへと落とされてしまうことが多々あるシャープですので、ガンガン使いの人にはおすすめできないかもしれません。またIGZO特有の液晶の見た目なども購入前にしっかりと実機で検討したほうがよさそうな気もします。というか、ライトユーザー向けであればもっとQiなど置くだけ充電に対応してもよかったんじゃないかなと個人的な感想です。

     

    しかし、スマートフォンからの機種変更であればこのあえてこの機種をおすすめすることはないとは思いますが、ガラケーからの機種変更にはこの全部入りの入門モデルともいえ、充電にズボラなガラケーユーザーにとっては一番おすすめする機種です。

     

    今回、このAQUOS PHONE ZETA SH-01Fはドコモがこの冬おすすめするモデルの1つとなっており、購入時の実質価格や割引額も大きくなっていてお得です。

    それでは気になるAQUOS PHONE ZETA SH-01Fの料金をみていきましょう。

    【機種変更でも月額負担420円から!おすすめ機種AQUOS PHONE ZETA SH-01Fの料金をまとめました】の続きを読む

    このページのトップヘ