タグ:MIKU

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    本日98日、通称ミクペリアと呼ばれるXperia feat. HATSUNE MIKU SO-04Eの店頭予約が開始されました。918日の発売日に購入権を持っている人が優先的にこのミクペリアを手にすることが可能となります。

    HATSUNE MIKU SO-04E

    ミクペリアを無事に入手するためには何度かのステップを踏まないと手にはいらないようで、まずはWEBでの先行抽選からはじまりました。このWEBの先行抽選によると当ブログの調査結果では55%程度の当選確率だったようです。これは100人程度のTwitterでの当落ツイートを分析した結果です。39000台発売されるうち、まずは10000台がWEBでの抽選でした。そのWEBでは多くの申し込みがありましたが、惜しくも抽選に外れて購入権をゲットできなかった人は、改めて取り扱いのあるドコモショップや量販店などで98日に予約をしなければいけませんでした。

    そして今日の予約がはじまったわけですが、当初39000台とか予約が殺到してしまうのではないかと思っていた方もいらっしゃったかもしれませんが、予約開始の開店までにドコモショップや量販店に列が形成されるほど並んでいたところは秋葉原などを中心にごくわずかという現実でした。深夜からミクペリアの公式ツイッター上でスタッフが東京・大阪・札幌のドコモショップを回っていましたが、そのツイートを見る限りでは並んでいる人はほとんどいないという悲しいツイートばかりでした。実際、発売日までこれらのミクペリアが無くなってしまうことはなく、売れるよりもそれぞれのお店で在庫となってしまう方が多いのかもしれません。

    それほど人気がなかった原因として考えられるのが、ウォークマンにはあったシリアル入りではないこと、またXperia A SO-04Eのミントの裏のカバーだけ違うだけで大変高くなってしまうこと、中身もホーム画面がかわった程度であることがあげられます。裏のカバーも6000円程度で購入可能ということもあり、Xperia A SO-04Eのミント色をすでに購入されている方や検討中などの方はミクペリアに近づけてカバーのみ差し替えて使うということもありそうです。やはり、こういったスマートフォンには値段相応のプレミアム感がほしいところです。今回のXperia feat. HATSUNE MIKU SO-04Eは初音ミクとコラボするにはあまりにも中途半端なプレミアム感だったと思います。さらに、39という数字にとらわれすぎて39000台も製造したことも今回のプレミアム感を減少させる原因だったのかもしれません。

    さらにミクペリアの予約が少ない背景には、『ドコモからiPhoneが発売される』のではないかという報道などもあります。というか、報道機関では11日に発表、20日に発売と報じているところもあり、ほぼドコモからiPhoneが発売されるというのが確定的でもあります。

     

    そしてミクペリア以上に列が出来るであろうドコモのiPhone、実は今回のミクペリア販売の裏にはドコモからiPhoneが発売されたときに役立つ布石がそこにはあったのです。

    今回はミクペリアに隠されたドコモiPhoneへの布石をぜひみなさんと一緒にみてみたいと思います。

    【ミクペリア予約の裏にあるドコモiPhone販売への布石を考えてみました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    発表から噂になっていたXperia feat. HATSUNE MIKU SO-04Eですが、ついに830日(金)20時から93日(火)10時までドコモオンラインショップでは、限定で発売される39000台のうち10000台の抽選先行予約が始まります。
    HATSUNE MIKU SO-04E
    抽選に当選してはじめて購入の権利を得ることが出来るということです。そして98日(日)よりドコモショップ店頭での受付が始まります。同日にDCMXゴールド会員限定の発売日に確実に手元に届く予約も受付があるので、ゴールド会員の方はチャンスが増えると思います。11台の予約のみとなり複数台の予約や予約の権利譲渡なども出来ません。

    ドコモショップでの予約は当日の朝一での来店や電話での問い合わせをしないとおそらく手にはいらない可能性があると思います。これまでの限定モデルの入荷状況から考えても、今回も1店舗に1台程度あるかどうかの入荷かもしれないので、いかにそのドコモショップで一番最初に予約するのか、また入荷の確率の高い大きな店舗で予約するのかが鍵になってくると思います。

    今回のXperia feat. HATSUNE MIKU SO-04Eはドコモで一番売れている最新機種Xperia A SO-04Eをベースとしたコラボモデルとなっており、機能性抜群なXperia A SO-04E、それに初音ミクのケースやホームアプリなどが限定モデルにふさわしいつくりとなっています。すでに見本が展示されているスマホラウンジもあり、予約や発売が待ち望まれるファン待望の1台です。

    そして今回の特徴はなんといってもXperia A SO-04Eというドコモのツートップとコラボするということで、これまでのコラボスマホにあった型遅れ感や人気のないメーカーの機種とのコラボということではなくなっています。さすが初音ミクということでそのコラボにふさわしいスマートフォンです。

     

    それでは気になる料金などをみていきましょう。正直、購入される方は覚悟してください。

    【実質53000円!!初音ミクコラボモデルXperia feat. HATSUNE MIKU SO-04Eの料金を計算してみました】の続きを読む

    このページのトップヘ