ドコモの快適な回線を使ってデータ通信が出来る、ポータブルWi-FiやBF-01B(どちらも仕様は同じ)はとても便利な製品です。
今までは外で通信する際にそれぞれの機器ごとに払わなければならなかった、3G通信のパケットをポータブルWi-Fiでまとめて、iPhoneなどのスマートフォンなどのWi-Fi通信機器は実質的に3G接続を切って基本料金で持つという使い方をしていらっしゃる人が多いように思います。



しかし、Wi-Fiでまとめて通信できるという便利な製品ですがいろいろと落とし穴があるのも現状です。
一番のものとしては充電の心配。
ポータブルWi-Fiは連続使用で6時間近くもちますが、やっぱり一日中持ち運ぶのとしては心配な面もあります。ヘビーユーザーともなると通信の途絶えが死を意味する時代なので・・・。
エネループなどを専用のケーブル持ち運んでもいいんですが、エネループはあくまでスマートフォンに電池を供給するようにしたいのではないかと思います。


やはり、そこで求められるのは、予備バッテリーの存在!
インターネットで検索しても、やっぱり0円で買った本体としては予備のバッテリーは高い高い・・・。
純正だと1つ5000円近くしてしまうのも現状です。
他にも大容量タイプだと10000円・・・・
さすがに高くて手が出ない・・・なんて貧乏な人からはこう思えてしまいます。
だからこれはあきらめてエネループ+専用ケーブルで我慢しようかと思ってしまいます。



それじゃあ普通のでいいから安いのがいいと思うのが人間の心、そこで次に探すのが互換バッテリーです!
つまりバッファローのポータブルWi-Fiに入ってるバッテリーと互換がある安いバッテリーがあれば万々歳なわけです。
もちろん、プリンターのインクのようなもので互換バッテリーには保障とかは一切ありませんが、使えて安いものなら多少のリスクは覚悟の上で・・・


こうして行き当たったのがこの互換バッテリー!




2個セットで 1740円という破格のお値段!
ポータブルWi-Fiで使えるということを見つけた瞬間ポチっと購入してました。
1個でもやすいくらいですが、何事も備えがあればいいというわけで2個セットはうれしいわけです。


さらに、その互換バッテリーをコンセントから電池が充電が出来たら便利でうれしいってわけで



という充電器がありました。
これでコンセントから充電ができるというわけで、最強の充電環境です。
しかもお値段は1290円という買っても後悔しない安い、安すぎるお値段です。



ということで、有意義な買い物、合計3030円をすればポータブルWi-Fiの充電でゲージの色を気にすることをなく、電池を持ち運んで1つ切れても違う電池を入れていつまでも通信が出来る、そんな夢のような環境が出来上がります。



ポータブルWi-Fiの予備バッテリーを持つ感動をあなたにも届けたい。
なんて、ヘビーユーザーさんならこの気持ちをきっと共有できるはず!