タグ:2018

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    5月末からしばらくの間、MediaPad M5 ProをHUAWEIのタッチ&トライイベントのモニターとしてお借りしております。
    HUAWEI MediaPad M5 Pro 商品ページ

    前回のイベント紹介記事(リンク)にて、自分が気になる点というのをスピーカーとタッチペンとあげていました。2週間程度つかってみて、どういう感じだったのか、感想を記載していきたいと思います。

    IMG_6427


    <ペン機能>
    タッチペンで絵を書くってことにはチャレンジをしてみましたが、本当にペンを使っているのと同じ感覚で書くことが可能でした。しかしながら、絵の才能は爆発しているため、まともな絵はかけないので、ザリガニをかいてみました・・・。
    商品ページによると筆圧が4096段階で検知ができ、非常に繊細な感覚が白紙の画面に表現ができそうです。iPadと違ってペンは付属しておりわざわざ購入しなくていいというのもうれしい点かもしれません。iPadだと1万円のペンとよく言われますので、それがデフォルトでついているだけでこのタブレットの価値があるのだと思います。
    贅沢な悩みを言うと、せっかくペンがついてくるのにこのタブレットにはカチッとはめたりする場所や公式のケースではペンの収納場所がないことが少し残念な点です。何度か無くしかけました。

    sketch1528562763927



    <スピーカー>

    LRG_DSC01916

    かりて以来、とりあえず動画をいっぱいみてみようということで、映画や海外ドラマ、ニコ生やAbemaなどの生放送をほぼテレビ画面でみる代わりにつかってみればいいんだろうかということで使ってみました。話はちょっと変わりますが、人からよくされる質問に「家で使うタブレットって何を買えばいいの」というがあります。利用用途を聞くと、YouTubeの動画を見たいということでタブレット使うという用途のようです。
    自分のように、ゴロゴロしながらタブレットで日雇礼子のバーチャルユーチューバー見たり、ちょっと軽く映画をみたりやドラマを見たりなどには、非常に適したタブレットです。布団から一歩も動かず生活する寝タブ生活で、満充電なら映画を5本くらい連続で見ることができるので。
    また24時間Abema TVを垂れながしてみたのですが(45GBくらい通信しました)充電器にさしながら再生しても特にカクツキや止まることなく、重要な点で特段熱くなることもなく、最初と同じ感じで使えた安定性には驚きました。このあたりこれまでのタブレットにありがちなな熱くなり、アプリが落ちたり、極端に性能低下するイラっとする瞬間はありませんでした。
    肝心のスピーカーの性能はこれまでタブレットで動画を見てたという人こそ、違いがわかる音質です。一般的なタブレットだと1つもしくは2つのスピーカーというのが多いですが、4つついているこのタブレットは、他のタブレットと違い、明らかに音の響きが違います。
    結論として、シンプルに動画を見たいというこそ、綺麗な2Kの10.8インチ、kirin960搭載の高スペック処理、4つのスピーカーということで、寝タブやゴロタブに適した手元の環境です。また少し変な位置に電源ボタンや音量ボタンがあるなと思っていましたが、傾けて動画をみるなら、右手で触れるこの位置というのが、感心した点です。2Kの画面なので、SD画質配信は動画の荒さがわかります。

    <感想>
    正直、モニターする前は、最初タブレットで動画みるなんて何使っても変わらないや・・・ということで期待していませんでしたが、前述した通り、家で動画を見るという用途に、これほどぴったりハマるのかといい意味で裏切られました。感想も動画再生こそこれでいいやん!!という感じです。ディスプレイとスピーカーがマッチして、こんなにいい環境になるとは。みなさんも家電量販店のコーナーなどで動画再生して、これまで使ってるタブレットとの違いを感じてみてください。

    大画面タブレット、父の日にぜひ候補にあげたい1台かもしれません。

    Huawei 10.8インチ MediaPad M5 Pro タブレット ※Wi-Fiモデル 64GB RAM4GB/ROM64GB 7500mAh【日本正規代理店品】オリジナルケース&タッチペン付属

    新品価格
    ¥59,184から
    (2018/6/10 01:23時点)


    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    KDDIより2018年の夏モデルが発表されました。
    XperiaやGalaxy、AQUOSといった定番のブランドから、日本では格安スマホの定番であるHUAWEIのブランドまで、幅広い用途にあったラインナップとなっています。

    xperia-xz2p_01_img
    xperia-xz2_01_img

    galaxy-s9p_01_imggalaxy-s9_01_img


    すでに本体価格も発表されている機種も多数あり、いつもと同じように高いという印象です。料金の一覧表をみていきたいと思います。


    2018summer


    とりあえず、表だけみれば発売定価が非常に高いかと思います。ドコモと比較すると若干だけ値段が抑えめになっている印象です。上位機種3機種(95,040円)と画面がでかい2機種、30,000円のミドルレンジの2機種での発売となってる印象です。
    通常のXperiaとGalaxyは安定の印象で、スペックやデザイン面などでは少しGalaxyが抜けているような状況ですが、再建がうまくいきはじめ本気出し始めたシャープもいい感じのモデルを投入してきています。またこの夏モデルで、HUAWEIのミドルレンジ機種がラインナップに加わったことです。格安スマホでは人気のこのモデルがキャリアでも使えることは3万円台という価格をみても力の入れようがわかります。
    価格だけみると、スマートフォンの二極化がさらに顕著に進んできた印象を思えます。
    スペックの詳細などは特設ページをご参照ください。
    KDDI夏モデル一覧ページ

    本体価格を48回にみせ月額料金を少しでも安く、また24ヶ月で機種変更する際の実質的本体代金上乗せとなる390円の仕組みは、いかにも不均衡でいつ刺されてもおかしくないような仕組みになっていると感じます。auを使い続ける場合、アップグレードプログラムを適用することは実質リース契約と変わらないと思って料金を見るべきではないかと思います。またスマートフォンを機種変更などされる際には、実質的に2年ごとリースの4年間縛られる契約体型というのが正しい理解かもしれません。

    しかしながら、ミドルレンジ機種なども投入され、極端にいうと二極化、いい感じにいうと価格帯にバリエーションが出ているこの混迷期、一度買うとなかなか買い換えられない時代だからこそ、自分にあったスマートフォンを探して、この1台をみつけていきましょう!



    このページのトップヘ