タグ:販売

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    docomoからiPhone

    という数年来にわたってずーっと言われ続けてきた悲願は昨年の秋、2013年に成就されました。

    その後iPadの新モデルが発売されると、期待は次へとシフトしていきました。

    そう、docomoからiPad という期待です。


    そして先日、docomoの公式で発表があり、6月からdocomoでiPadの取り扱いが始まることが発表されました。6月2日受付開始、6月10日発売開始です。


    iPad   NTTドコモ

    docomo iPad


    今回は、新料金プランと組み合わせれば月額2500円(税別)で持てるiPad miniの料金をみていきたいと思います。
    iPad Airの料金はこちら 



    【docomoから月額2500円(税別)プラスでiPad登場へ!!気になる新料金まとめ!iPad mini編】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    本日98日、通称ミクペリアと呼ばれるXperia feat. HATSUNE MIKU SO-04Eの店頭予約が開始されました。918日の発売日に購入権を持っている人が優先的にこのミクペリアを手にすることが可能となります。

    HATSUNE MIKU SO-04E

    ミクペリアを無事に入手するためには何度かのステップを踏まないと手にはいらないようで、まずはWEBでの先行抽選からはじまりました。このWEBの先行抽選によると当ブログの調査結果では55%程度の当選確率だったようです。これは100人程度のTwitterでの当落ツイートを分析した結果です。39000台発売されるうち、まずは10000台がWEBでの抽選でした。そのWEBでは多くの申し込みがありましたが、惜しくも抽選に外れて購入権をゲットできなかった人は、改めて取り扱いのあるドコモショップや量販店などで98日に予約をしなければいけませんでした。

    そして今日の予約がはじまったわけですが、当初39000台とか予約が殺到してしまうのではないかと思っていた方もいらっしゃったかもしれませんが、予約開始の開店までにドコモショップや量販店に列が形成されるほど並んでいたところは秋葉原などを中心にごくわずかという現実でした。深夜からミクペリアの公式ツイッター上でスタッフが東京・大阪・札幌のドコモショップを回っていましたが、そのツイートを見る限りでは並んでいる人はほとんどいないという悲しいツイートばかりでした。実際、発売日までこれらのミクペリアが無くなってしまうことはなく、売れるよりもそれぞれのお店で在庫となってしまう方が多いのかもしれません。

    それほど人気がなかった原因として考えられるのが、ウォークマンにはあったシリアル入りではないこと、またXperia A SO-04Eのミントの裏のカバーだけ違うだけで大変高くなってしまうこと、中身もホーム画面がかわった程度であることがあげられます。裏のカバーも6000円程度で購入可能ということもあり、Xperia A SO-04Eのミント色をすでに購入されている方や検討中などの方はミクペリアに近づけてカバーのみ差し替えて使うということもありそうです。やはり、こういったスマートフォンには値段相応のプレミアム感がほしいところです。今回のXperia feat. HATSUNE MIKU SO-04Eは初音ミクとコラボするにはあまりにも中途半端なプレミアム感だったと思います。さらに、39という数字にとらわれすぎて39000台も製造したことも今回のプレミアム感を減少させる原因だったのかもしれません。

    さらにミクペリアの予約が少ない背景には、『ドコモからiPhoneが発売される』のではないかという報道などもあります。というか、報道機関では11日に発表、20日に発売と報じているところもあり、ほぼドコモからiPhoneが発売されるというのが確定的でもあります。

     

    そしてミクペリア以上に列が出来るであろうドコモのiPhone、実は今回のミクペリア販売の裏にはドコモからiPhoneが発売されたときに役立つ布石がそこにはあったのです。

    今回はミクペリアに隠されたドコモiPhoneへの布石をぜひみなさんと一緒にみてみたいと思います。

    【ミクペリア予約の裏にあるドコモiPhone販売への布石を考えてみました】の続きを読む

    このページのトップヘ