タグ:機種変更

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    8月27日発売 Xperia ray SO-03Cを発売日に定価購入してきました。
    定価購入するのは、昨年のXperia以来久しぶりです。
    ちなみに去年、8月にXperiaをMNP定価購入した一週間後にMNP0円になっていたので、これがあまりにもショックすぎたので、今回のこのrayは発売日に購入してやろうと思い模索しました。
    もちろん、定価で買う以上買い増しでの機種変更です。 

    8月27日開店にいったらもう人が並んでいたので、朝の契約は諦めて予約番号と契約書だけ書いて夕方にいざ受け取りへ。


    そして受け取ってきましたray!!!!!!!!!!!!!
    久々の興奮です。Xperia acroも買いましたが、やっぱりこのrayのサイズは最高ですね。


    あいにくのゲリラ豪雨の中でしたが、濡らすこと無く家にたどり着きました。
    そして開封です。

    写真 11-08-27 21 08 58


    色はピンクを買いました。auのacroを使っていたときにはなかなかよかった色だったので今回もそれに似た色としてこのピンク系統です。


    ケースは

    写真 11-08-27 21 07 27

    シェルケースの白を購入です。
    あとで本来の色が生きるクリアケースも買い足そうと思います。


    それでは今回の支払った金額ですが、
    運良く機種変更のクーポンがきていたメイン番号のN905iからの機種変更をしました。

    (1)商品代金 一括
    ・頭金          0円
    ・本体       36960円
    ・機種変クーポン  -8400円
    ・スマホ学割    -5250円
    ・ポイント      -5670円
    合計 17640円

    ケースはこのお店からの購入時のサービスです。
    2000円までのケースならどれでもオッケーということだったので、1980円の少し高めのケースをもらいました。
    最初にケースを買うお金がなかなか高いので、ここがサービスしてもらえるのがかなりいいサービスです。

    (2)契約プラン
    もともとこのN905iはずっとこれからも使い続ける予定なのでrayにSIMカードなんていりません。これにはXperiaのSIMカードを差して受信用に使います。

    ・タイプSSバリュー980円 → タイプSSバリュー980円
    ・iモード 315円 → SPモード+iモード 315円 (ISPセット割適用)

    発着確認をするとパケット代などがかかるのでそれもなく引き渡してくれました。自分で動作確認しろっていう意味かもしれませんし、それぐらいするので時間の節約になって両者WinWinです。
    もちろん、この時点で月々サポートは切っています。パケホーダイの契約が必要なので、特にこガラケーにSIMを挿し替えて無料通話分でしかパケット通信しない自分にはメリットがありません。
    SIMカードはrayの契約に変わりましたが、これからもNECガラケーの最高峰N905iを使っていきたいと思います。
    目指せ同一回線契約10年超!!

    写真 11-09-03 12 28 56


    そんな感じでray一括でなかなか安い値段で買ってうはうはの自分です。
    とりあえず、いじいじした感想からすると小さくて軽くて使いやすいです。
    まず、画面が小さく片手でいじれるというのが最もいいメリットです。
    またタップの反応も良く、小さい画面ですがフリック入力ではほとんど困ることはありません。
    DesireHDではでかくて困っていましたが、このrayではそういうこともなく快適に使えそうです。
    動画や写真を見るときもブラビアエンジンをオンにすれば少し綺麗にみることができます。
    また、このXperiaのいいところをひとつ上げろと言われれば、一番いい部分はカメラです。
    暗いところの処理がうまく、真っ暗なところでもしっかりとした写真や動画がとれます。
    ここが一番お勧めなポイントです。まさしくarcをぎゅっと詰め込んだ高性能さ。
    今でもSPモードを使ったテザリングには対応していますが、今度、rootなども取れて純正テザリングなども出てくることと思います、そうなったときさらにスマートフォンの歴史に名を残す名端末として、今後も語り継がれていくことになるんでしょうか。

    まず、これまでにない毎月のサポートなどでごまかさない低価格設定、これが購入しやすい理由です。
    安いけどいいスマートフォンが欲しい、シンプルなやつがいい。機能がいいやつがいい。そんな人におすすめなのがこのXperia ray SO-03Cです。


    みなさんも自分の使うシーンに会った一台を探して、ぜひスマートフォンライフをさらにワンランクアップした充実したものにしていきましょう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    8月の月末某日、東京の方でdocomoの機種変祭りが始まりました
    それはOptimus  chat L-04Cの買い増し0円という夢物語のような条件です。
    有料コンテンツを数個登録という程度でほとんど条件もなく、何度でも機種変できるという週末であったみたいです。


    関西でも同じような条件はないのか、と探しても全然ないというのが現状でほとんど諦めていました。
    しかし、価格調査のつもりで行った近所の量販店で何やらそういう感じの売り込みが。。。
    あの機種、GALAXY S  SC-02Bが機種変8800円!!!
    で出てたじゃないですか。
    と興奮して2台買うことにしました。


    ここで感動したのが、東京の方では音声からの機種変しかできない(コンテンツやオプションの関係から)のですが、ここのお店ではなんとデータ定額からの機種変が出来ると聞いて興奮しました。
    今、データ回線が2つ眠っているのでそれを有効活用して機種変するチャンスです。


    写真 11-08-21 17 48 16

    気になる料金ということで、現在の料金プランから確認しましょう。
    今回、機種変更する回線はdocomoのデータ回線2つです。
    そのために1つはdocomoのDWR-PGで使っていた回線、もう1つは以前CBで現金5万を貰ったxi、L-02Cの回線を用意しました。


    (1)定額データ回線 DWR-PGで使用

    定額データプランSバリュー 1000円 →定額データプランSバリュー 1000円

    そのままの契約内容の変更です。
    オプションとして、SPモードと公衆無線LANスポットと端末保証に入りましたが、特に解約できるので問題ありません。

    (2)xiデータ回線 L-02Cで使用
    店員さんを困らせたのがこの回線でした。xiからの機種変をするとかなりの違約金がかかるよって言われまくりました、しかし違約金なしでいけることを説明して、次のプランで切り替えて欲しいということでいろいろ問い合わせてくれてついに出来るということになりました。

    xiデータプランにねん 1000円 →定額データプランSバリュー 1000円

    このxiデータプランからの定額データプランSバリューへの変更点としては注意点が多くあります。

    1.契約内容の変更に2100円の手数料がかかる
    2.xiデータプランにねんのこれまでの契約期間がリセットされる
    (2年後解約予定で持っている場合、また0ヶ月から始まる)
    3.定額データプランSバリューへ契約移行の際、定額データスタンダード割をつけないとxiの違約金がかかる


    このような感じで某量販店で買い物を楽しみました。2時間くらいで登録から引渡しでした。GalaxySの黒と白のペアでさらに快適なスマートフォンライフです。

    ちなみにこの機種変祭り、学割などと併用可能なので、9月30日までさらに盛り上がることまちがいなしです。
    また、さらにこの契約をしに行ったときは、店舗独自のキャンペーンで2台同時契約で各2100円引きをしてくれました。つまり、1台契約するより、2台契約する方がお得になるというちょっと意味が分からない状況でしたが、お安くGalaxySが買えたので満足です。



    みなさんもぜひ安い機種をこのチャンスに見つけて、スマートフォンライフをもう一段階高めていきましょう!!



    このページのトップヘ