タグ:改定

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    すべてのauユーザーは特別扱いされる権利を持っている。

    プレミアムバンク for au   じぶん銀行



    そんな触れ込みでauを持っているユーザーは、じぶん銀行が非常に優遇される取り組みが始まって早1年。昨年いっぱい、au walletのクレジットカードはじぶん銀行からチャージを行うと5%増しでチャージされるという非常に嬉しい取り組みがありました。そして昨年は月に何十万とチャージし、ほとんどの生活費を賄ったというのは記憶に新しいかと思います。


    その中でauユーザーはau IDをじぶん銀行に登録するだけで様々な特典を受けることができるという取り組みもあり、金利上乗せなど他にはないauユーザーに特化したネットバンキングとして成長してきたのだと思います。

    しかし、どうやら10月からちょっと変化があるようです。



    <これまで>

    円定期の金利 0.25%上乗せ!!

    ・ATM&他行宛振込手数料0円 無制限!!

    ・カードローン金利 最大0.5%優遇

    ・対象取引でwalletポイント


    という部分で、一番のメインは他行への振込手数料0円というところで、非常に小回りの効くネットバンクでした。入金はまずはじぶん銀行に入れて、その後に必要に応じて振り分けるという方法で、手数料を気にすることなく、様々な用途で利用ができました。円定期預金もそれなりに金利が上乗せになるので、短期的なお金を寝かせておくには、向いています。



    <10月から見直し>

    ・他行振込手数料無料が無制限から月5回に!!

    ・円定期の金利上乗せが年0.25%から年0.15%へ!!

    http://www.jibunbank.co.jp/announcement/2015/0729_01.html


    しかし10月より一番の魅力であった、他行振込がこれまでの無制限というものから、月5回ということになってしまいました。それでも利用方法さえ見直せば、まだまだ十分に利用価値は高そうです。イーバンク銀行が楽天銀行になったときに行われたような、これ以上の改悪がないことを祈る限りです。


    これからもauユーザーは特別扱いでお願いします。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    ユーザーなんて関係ねえ、俺達が市場を作ってるんだ、文句のあるユーザーはゆるさねえ!!という感じの企業が繁栄し続けることができるとは思えません。

    しかし、こんな企業が日本の1番をとっているのが現実です。


    新料金プラン「カケホーダイ パケあえる」   料金・割引   NTTドコモ


    というヒトコトも言いたくなるようなニュースがここ最近のケータイ料金界隈での話題です。
    ということで、個人的にはとってもアレなニュースについてみていきましょう。
     


    【ドコモ「iPhone 6はタイプXiで売ってやらねえ!!」9/1よりタイプXiは月々サポート適用外へ!】の続きを読む

    このページのトップヘ