タグ:実質価格

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    最近、スマートフォンの新しいものがほしいという方から言葉をかけられることがあるでしょうか?

    そして感じること、みんな贅沢だということを。

    最新の機種で、最新の機能で、面倒くさいから機種変更で、なおかつ最安。

    そんなXperiaの機種がほしい・・・

    あるわけねーだろ!!

    と叫びたい気持ちを抑えながら、少しでも安いよーといってあげたいものです。

    そんないつもスマートフォンって何にすればいいの?という相談を受けている方に朗報です。Xperia Z3 Compact SO-02Gの毎月の割引である月々サポートが増額され、とても買いやすくなりました。

    SO02G_Orange_XL

    これからはドヤ顔で特殊な購入方法をすれば、実質0円だよ!!!!と強く言ってあげましょう。



    【月サポ増額!!ついに実質0円“ docomo Xperia Z3 Compact SO-02G”料金まとめ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    女性向けのXperia、その始まりはdocomoから発売されたXperia ray SO-03Cでした。この機種は今でも名機とよばれており、根強いファンがいます。その洗練されたデザインや小さい手でも持てるサイズ、待機だけなら数週間持つ電池持ちの良さなど、もともと女性向けに作られた機種でしたが、実は本当にその機種を望んでいたのは、サイズが小さく胸ポケットに安定して入り、首にストラップでつけて気軽に取り出して通話をしやすく、電池持ちのいい機種を探していたビジネスマンでした。また機種の面白さから、ガジェット好きな人にもうけファンを多くつくりました。その後、スマートフォンの進化に伴い、機種の性能を求める声が大きくなります。内蔵メモリが足りない、高速通信に対応してほしい、Androidのバージョンが新しいのがいい、こうした声にこたえて投入されたのが、Xperia SX SO-05Dでした。しかし旧機種と同じ電池サイズでXi対応にした機種ということで、以前のrayと比較すると、満足に一日もたないほどの電池持ちでした。正直、rayの評判からするとずいぶん期待はずれです。この機種の残念さをあらわすエピソードとしては、Rayから買い替えた人が、SIMカードをまたRayに挿しなおして使い始めたということからもわかります。

    そしてそれから約1年半、docomoから新しく小さいサイズのXperiaを発売されます。

    今後はXperia Zをデザインのコンセプトにおいた、Xperia Z1f SO-02F、前評判ではXperia Z1 SO-01Fをそのまま小さくしたような感じで使えるということ、またカラーの色合いもXperiaの先進性を感じさせるものとなっており、小さいスマートフォンがほしいと願っている人には待望の発売です。

     Xperia Z1f SO-02F

    1219日、ドコモショップの開店とともに新たな伝説が始まります。

    今回はみんな当たり前のように購入すると思われるXperia Z1f SO-02Fの料金をみていきたいと思います。

     

    【今だけ特別価格!12月19日発売開始 Xperia Z1f SO-02Fの料金をまとめました】の続きを読む

    このページのトップヘ