タグ:ホワイトプラン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    パケット定額が発表された時、携帯のインターネット通信を気にせず使えるんだ!!ととても感動した覚えがあります。

    あの定額制という感動から、まだ10年もたっていません。当時、使っていた携帯電話もガラケーと呼ばれるような過去の遺物となり、今ではスマートフォンといったものがその最先端の位置を担っています。

    そしてこの2014年、パケットの無制限定額はすでに頓挫し、今度は通話の完全定額といった定額制が導入されることになりました。大手キャリアがそれぞれほぼ横並びで同じ料金、同じ内容といったものを掲げています。


    6月からドコモが先陣をきって、通話完全定額を導入し、それに続く形で具体的なプランがソフトバンクより発表されました。

    その名も『スマ放題』

    今回はこの内容について簡単にみていきたいと思います。



    【つながる速いソフトバンク!通話完全定額“スマ放題”7月1日から開始!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    タダでテレビが貰えます

     

    そんな触れ込みでスマートフォンを売る企業が今まであったでしょうか?

    斜め前から切り込むそしてそれが白い犬に化けたお父さんに支配された会社、SoftBankという企業です。

     

    今回のテレビが貰えるというのを個人的な最初の印象を具体的に表すと、

    麻雀でポンとかチーとか鳴くことを知らない初心者相手に親の手番、両面で残り4枚ある状況でリーチして、そして親の倍満確定をさせてもなお、一発目に初心者の人は明らかに危ないのにドラを切って、そして次の順目でリーチされて、そして自分が辺張待ちの残り1,2枚の7萬をつかまされ、そして3900を振り込むという。親リーをドラ切りでかわされて、さらに3900という点でリーチ、平和、三色、ドラ4を流されるというときに感じた衝撃と似ています。

     

     

    という感じが、それを学割で配るの?というのに感じた感想です。

     

    それでは気になるSoftBankの学割をみていきたいと思います。

     

    【家族はテレビが貰える!?SoftBankのホワイト学割2013についてまとめてみました】の続きを読む

    このページのトップヘ