タグ:ともコミ学割

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    auのスマートフォンが安いとみなさん言いますが、実際のところ維持費的そこまでは安くないのです。auで安い維持費を目指す方法、それは毎月割の多い機種を安く買うことです。

     

    例えばよくMNP0+CB数万円で出されているEVO3DPHOTONなどは一見お得だと思いますが、毎月割が1050円と少なかったりします。一方、最近MNP0円も出ることが多くなったIS12TWindowsPhone)は毎月割が3100円と、先ほどの機種と毎月2050円の維持費の差額があり、それぞれで使用した場合、2年間で49200円も違ってきます。

    毎月割が1050円の機種をCB50000円もらって2年間使うのも、毎月割3100円の機種を0円で使うのも特に変わらないというのが、この毎月割で維持費を考えた場合に出てきます。

     

     

    では、次のページで実際に毎月割3100円であれば、月々どれくらいの維持費になるのかを、計算していきたいと思います

     
    【auの毎月割3100円 IS12Tの維持費を考えてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    昨年、日本の携帯キャリアに革命的な出来事が起こりました。

    そう、iPhone4SがこれまでのSoftBankだけでなく、auからも登場したということです。そして、今の年度末・・・様々なところでMNP0円がチラチラと出てきています。

    iPhoneが欲しいって方は、最近アップデートがありメールのリアルタイム受信など、これまでSoftBank版に劣っていた部分もしっかりと補われ、差異がほとんどないau版もおすすめです。

     

    今回はauのともコミ学割、U-25、スマートバリューなどの整理、iPhone独特の料金プランなどの整理を兼ねて料金プランなどの維持費を整理していきたいと思います。

     

     

    まずはともコミ学割、U-25、スマートバリューについて簡単にみていきます。

     

    ・ともコミ学割(5/31まで)

     新規やMNPの場合、学生やその家族(MNPのみ)であれば3年間プランZシンプル分980円の基本料金が最大3年間無料になります。学生の家族が新規の場合だけ最大15ヶ月間無料です。注意点としてはdocomoの応援学割と異なり、機種変更の場合には適用されない点があります。

     

    U-255/31まで)

     プランFシンプル以外(プランEシンプル780+ISフラット5460円)のプランかつ2012年で25歳以下の新規、機種変更の場合、またともコミ学割+MNPの場合に、ISフラット通常5460円を実質4410円するために、利用料金から1050円引かれるという割引です。またスマートバリューとの併用をする場合には、5月利用分までしか適用されません。

     

    ・スマートバリュー

     auひかりやeo光、また対象のケーブルテレビなどの固定通信サービスでネットと電話を利用している場合で、かつauスマートフォンでISフラットやプランFシンプル(プランEシンプル+ISフラット)を利用している場合には、auの利用料金から毎月1480円(永年980+2年間500円)の割引を受けることができるサービスです。ともコミ学割との併用可能ですが、U-25の割引とは5月利用分までしか併用できません、それ以降はスマートバリュー割引の適用となります。

     

     

    それでは次のページで実際にこの割引を適用した場合などのiPhoneにおける利用料金をみていきたいと思います。

     

    【複雑なauのiPhone4Sの維持費をまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ