タグ:かえる割

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    KDDIから発売される新型iPhone 5ciPhone 5sはこれまで対応していなかった快適なプラチナバンドのLTE 800MHzのものにも対応し、20133月末には99%の人口カバー率になると公式でコメント、またページも作っています。iPhone5では少しLTEのカバー率が都市圏のみであったり、すぐにLTEから3Gになったり、突然パケット通信ができなくなるパケ詰まりという現象が頻発するなど、自身は関西の都市圏に住んでいましたが、LTEの間は快適、しかし3Gになった瞬間に最悪になるといった感想をいだきました。一方、Androidで始まった800MhZLTEは大変快適、ほぼ移動圏ではLTEが途切れないといった特徴がありました。

     通信の問題は結構地域差が大きく、iPhone5LTEでもずっと3Gに落ちないという地域もあれば、頻繁にLTE3Gと行き来してしまう地域もあります。今回の新型iPhoneではこのあたりにかなり注力したとみられ、それだけ期待が高まっています。

     

     しかし、iPhone5でも特に使わないしいいんじゃない?という方も結構いらっしゃるのではないかと思います。日頃は家でWi-Fi、職場でもWi-Fi、通勤時の少しの時間だけモバイルの通信を使うという方はそこまでこだわってiPhone 5siPhone 5cを手に入れなくてもいいかもしれません。特に今回安く販売されるiPhone 5cは現状のiPhone5と電波を除いてはほぼ性能的には変わらないといった感じであり、それならiPhone5でいいんじゃないかなと思う方も多くいるのではないかと思います。

     特にiPhone5は今、投げ売りにも等しいような売価となっています。機種変更や新規の方には特に現在のところ大きな恩恵はありませんが、MNPの方にはMNP0円というのは当たり前のようです。

     

    さらにキャッシュバックが1万円から3万円まであるお店もあるなど、新モデル発表を受け、今週末にかけて凄まじい安売りになっています。またiPhone5の入荷に関しては次期入荷未定となっており、今週のキャッシュバックの安売り以後は、キャンペーン的なことも本体の在庫などもなく行えない可能性がありそうです。

    iPhone5を買うなら、今でしょうはおそらくこのタイミングで使います!

    今でしょ!!

     

    それではiPhone5MNPしたときにはどういった料金になるのかをみていきましょう。

    【在庫限りMNP0円+CB3万円も登場!au iPhone5の料金を計算してみました】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    スマートフォンの値下げ連発、というのが月末の本日から始まりました。
     HTC J One HTL22 レッドメタル

    新色のカッコイイ赤色などの発売などもあり、話題に事欠かないHTC J One HTL22

    すでに先週より10000円値下げの噂があったのですが、ついに本日、昨日までの本体価格、50400円からなんと一気に40320円へと値下げがありました。ここからさらに毎月割の割引などもあります。

    そしてさらにうれしいのがガラケーや3Gスマートフォンから条件を満たして機種変更すると秋のauキャンペーンなどで、10500円引き(HTC J One HTL22は最大で2万円程度の割引)が可能なことです。

     

    そう、これをみると実は夏に買うより秋に買うほうがお得じゃない?と思われますが、スマートフォンが一番安くなる季節はiPhoneが発売される9月です。この時期に発売されるiPhoneだけに人気を奪われないように、各メーカーのスマートフォンが割引額を増額するなどして対抗し、少しでもユーザーを獲得するために競争が始まります。そして10月になると競争は一段落し、スマートフォンの割引などのキャンペーンも終了してしまいます。

    スマートフォンを買いたい人にとっては9月が夏では一番安い季節

    そしてまず先頭で口火を切ってHTC J One HTL229月よりも数日早くその競争を始めました。

    それでは赤色は生産数が少なくもう入荷がないかもしれません、早めに手に入れるためにHTC J One HTL22の料金をみていきましょう。

    【さらに1万円大幅値下げ!赤色も登場!HTC J One HTL22の料金を計算してみました】の続きを読む

    このページのトップヘ