話題のスマホはいつの間にか0円。もしかしたら高額キャッシュバックまであとすこしかもしれません?

 クロコーチ

しかし誰がこんなシナリオを書いたのでしょうか。

今のスマートフォンの業界をわかりやすく表現すると

「高いけど安い」という一見矛盾した言葉が一番しっくりくるような気がします。

本当にその通りでスマートフォンって高いんです、でも安いんです。

このブログではこの高い時代に少しでも安くスマートフォンが購入できて一体いくらくらいなのということをお伝えしていますが、毎回書く度に思っています。スマートフォンって高いし安いねと。

みなさんのスマートフォンは高い?安い?

今回は3キャリアともMNP一括0円が出てきたりしているiPhone 5cauについて料金をみていくことにします。

今回はau iPhone 5c 16GBについてみていきます。

まず本体価格と毎月割、実質価格です。

・本体価格52920円(2205円×24回)

・機種変更

毎月割49680円(2070円×24ヶ月)実質価格3240円(月135円負担)

・新規契約 MNP

毎月割52920円(2205円×24回)実質価格0円(月0円負担)

 

次に毎月の料金をみていきます。

 

【機種変更】
auiPhone 5c料金1
 

【機種変更 スマートバリュー】
 auiPhone 5c料金2

【新規契約】
 auiPhone 5c料金3

【新規契約 スマートバリュー】
 auiPhone 5c料金4

MNP
 auiPhone 5c料金5

MNP スマートバリュー】
 auiPhone 5c料金6

MNP U-22 auにかえる割(学割)】

 auiPhone 5c料金7

MNP一括0円の場合には毎月の料金はどうなるのか
 

MNP
 auiPhone 5c料金8一括

MNP スマートバリュー】
 auiPhone 5c料金9一括

MNP U-22 auにかえる割(学割)】
 auiPhone 5c料金一括10

 

ということで料金をみてきました。スマートバリューならかなり安いという感じですが、それ以外だとちょっとお高めかもしれません。またauでは22歳以下の人の機種変更10000円本体値引き、また新規契約やMNPでは10000円キャッシュバックを行っているようで、さらに安くなります。通常の機種変更では実質価格は3000円台、ここに22歳以下であれば10000円割引なので実質価格とするとマイナスになる感じです。またMNPに関しては、au版学割のU-22auにかえる割適用で、基本使用料980円、パケット代1050円割引ということで、毎月本体価格がMNP一括0円であれば、2520円で使うことも可能です。分割でも学割、そしてスマートバリュー適用なら5000円を切る価格となっています。

そしてauでは先日からMNPでも大幅に値引き額がふえていて、MNP一括0円も登場しているようで、本当にiPhone 5cは全キャリア0円時代がやってきたような感じです。

 

みなさんもどっかのタイミングでこの安いiPhone 5cを買うか悩んでいらっしゃるところだと思います。

ぜひ高くて安いスマートフォンではなく、安くてさらに安いスマートフォンが使えるようにいろいろ考えてみてください。スマートフォンの値段って本当に値段なのか不思議なものです。すでに買った人にはある意味うれしくない時価という感じですね。