カテゴリ: SIMフリー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    スマートフォンの画面をデフォルトや中に入っているものだけで済ませている人は、かなりの数の人がいるかと思います。気分で服は選ぶのに、スマートフォンは気分で着せ替えはできないのでしょうか。

    正直、面倒くさいということで壁紙をずーっと同じにしていたりというのがほとんどのパターンなのではないでしょうか。もっと自分らしさの気分を自分のスマートフォンに毎日使うものだからこそ反映させたい。でも簡単に。

    という贅沢な要望に、HTC Desire EYEでは簡単に気分に応じてチェンジができます。そう、HTC Senseならね。


    今回もHTC JAPANさんよりお借りしているHTC Desire EYEで気に入った機能をみていきたいと思います。


    Screenshot_2015-10-27-13-03-39

    手順は簡単、アプリ一覧からテーマを選び、選択します。


    Screenshot_2015-10-27-13-03-51


    そこでいろいろ出てくる自分のテーマを選択します。


    Screenshot_2015-10-27-13-04-02


    例えば、夜の街にしたいなーと思ったら、そのテーマを選んでダウンロードをタップ


    Screenshot_2015-10-27-13-04-25


    あとはOKと進んで適用するだけです。



    Screenshot_2015-10-27-13-04-40


    という感じで、一瞬で置き換わります。

    単なる壁紙なら、好きな壁紙を変えるだけですが、このテーマの何がすごいかっていうと、壁紙はもちろんのこと、ウィジェット、アイコン、サウンドなど、テーマによっては一式を変更することが可能です。一瞬で自分の気分に合わせた仕様にできるという点で、有料のきせかえなどが多い中で秀でて優れているものだと思います。

    アマチュア作成のテーマから、宣伝のためプロが作成しているテーマ、風景からアニメやゲームまで、じっくり探せば掘り出し物が多く見つかるようです。多種多様なテーマが準備されており、自分の好きなものを選んで着せ替えで今日もうきうき気分です。


    買う前はスペックなどが最も重要視される部分の一つですが、購入後に何が必要なのかという部分にしっかりとこのテーマというものが、提案をしてくれているものだと思います。ぜひ、みなさんもHTC Desire EYEで毎日気分で着せ替えるスマートフォンライフを楽しんでください。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    HTC JAPANさんよりHTC Desire EYEをお借りしています。

    10/17より販売が開始された新しいHTC Desire、いろいろ使ってみると実は使い勝手がいい様々な面があります。

    今回は自分が人に渡すときに困ることを解決してくれたHTC Desire EYEの機能を紹介していきたいと思います。
     


    Screenshot_2015-10-25-20-39-38

    HTC Desire EYEに入っているアプリの機能の1つとして、「ヘルプ」というアプリが入っています。このブログを読んでいるほとんどの方が縁のないアプリのような気がしますが、今回のHTCが直接サポートするSIMフリーを投入した上で本気度が感じられるものとなっています。



    実際、ヘルプって単なるアプリっぽいのに何してくれんの?ということに対して、紐解いていきたいと思います。
     

    Screenshot_2015-10-25-20-39-47


    ヘルプアプリをタップして、すぐに目立つの灯台の画像とともに、まずは簡単な質問がのっています。電話の故障ですか?ハードウェアの故障ですか?問題を解決できましたか?と投げかけられます。

    電話の故障と進むと簡単な分類分けをしたトラブルシューティングを出してくれます。

    Screenshot_2015-10-25-20-39-56



    インターネットができないよーというよくある質問っぽいものを選択して進んでみます。
     

    Screenshot_2015-10-25-20-40-03



    このパターンがよくあるものとして表示されます。3択で表示されれば、文字が読めるほとんどの人が次の選択肢に進むことができるのではないかと思います。
     

    Screenshot_2015-10-25-20-40-10


    そしてこの画面まで来ると、問題がある場合にはトラブルシューティングと解除の方法などが提示され、設定までショートカットで案内をしてもらえます。


    さらに「ハードウェアの故障」という項目では、さらに詳細な分析ツールが提供されます。
     

    Screenshot_2015-10-26-00-59-55


    ハードウェア診断では、アプリでいろんなテストができてしまいます。

    これなら誰でも自分のデバイスにどこに問題があるのかがわかります。


    Screenshot_2015-10-26-01-00-00



    そしてそれでも解決しなかったら、問い合わせてねというHTCの優しさが3番目にきています。設定などの操作が不安でもオペレーターが遠隔操作で解決に導いてくれるという徹底ぶりです。
     

    Screenshot_2015-10-26-00-59-33


    そして電話とチャットのサポートは日本語と英語行われ、10時から19時まで珍しい年中無休というサポート体制になっています。

    http://www.htc.com/jp/sim-lock-free-after-service/

    SIMロックフリー アフターサービス   HTC 日本

    困ったときは、まずお電話くださいとあるようにしっかりとしたサポート体制があるようです。また本体に何か合った時にはピックアップサービスで最短4日~8日までの修理体制もしっかりと構築しているということです。そしてこのバックボーンを支えているのは現在キャリアのケータイ補償サービスを支えている会社とのことなので、実績も折り紙つきのようです。
     

    1つのアプリの一部機能でここまで書いてきましたが、このアプリではスマートフォン初心者の人が、おそらくこれまでならわからなくて諦めていたスマートフォンの設定、トラブルシューティングの要素がほぼすべて入っています。

    正直いえばコールセンターのサポート体制が万全というのはあくまでこの場合、おまけかもしれません。単に1つ設定をいじるだけというものに、気付ける人はおそらくごく少数派かもしれません。そのためにキャリアショップでは教えてもらうのに、数時間近い待ち時間を要したり、つながらないコールセンターでは不安な保留音を聴き続けないといけないのかもしれません。しかし、このヘルプアプリがあれば、たいていの人は自分のスマホの設定であれば何が原因なのか、24時間不安なことがあればまずは調べることができます。それでも解決しないことがあれば、しっかりと毎日やっている窓口で直接人と対話できる。これが本当に今の時代に求められている一歩先に進んだサポートです。


    で、結論何がいいたいのかというと、スマートフォンの先生はもう必要ないということです。親にスマートフォンを使わせる、ガラケーの友人にスマートフォンに変えさせるという世間一般的な行動をとった場合、その人達がなにか困ったときにサポートしないといけないのが、あなたになります。そして多くの場合には出張サポートを求められることになるでしょう。自分も数多くの出張サポートで単なる設定の問題を解決してきましたが、親や友人がこまった時、HTC Desire EYEなら「ヘルプのアプリ開け」という言葉だけでもしかしたら、みんながハッピーになれるかもしれません。



    楽しいスマートフォンライフを送る上で、困るというのはつきものです。そのときどれくらい助けてくれるのかというので、自分で選ぶ、また大切な相手にすすめるスマートフォンを選ぶ一つの基準にされてみてはいかがでしょうか。


    このページのトップヘ