カテゴリ: au

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    先日名古屋にいく用事があったので、三宮からバスにのっていってきました。
    まず名古屋について一番最初にいくところといえば、みなさんはどこでしょうか?


    もちろん私はビックカメラです。 

    さてそこで目撃したのは
    x2_771794b
     
    7月30日から31日の2日間限定でMNP一括0円というものでした。 
    関西では最近、あまりこういうほぼ条件なしの安売りがなかったので、即買いましょうと決断をしました。
    MNPで0円だったので、どの番号からにしようかなってことで、最近あまり使っていないDesireHDの番号でMNPすることに。
    売り場の前でソフトバンクのダイヤルに電話です。10分程度でMNP番号を取得して、早速契約へといきました。

    こんなに簡単にMNPできるなんてコワイ世の中ですね。


    写真 11-08-02 23 28 23



    さて、今回かかった費用とこれからかかる費用を計算してみたいと思います。
    ちなみにこの端末は自分の契約ですが、妹が最近、中学生になり友達と連絡とかするために携帯かスマホを買うということだったので、そのまま端末とかあげたいと思っています。このacroはスマホ初心者や既存のガラケーユーザにとっての一台もちには十分な性能だと思います。キャリアメールは9月対応ですがそれが始まればです。
    ということで今回の書き方はMNPにかかった初期費用と、普通に中学生が携帯を使うときに必要であろうこの端末の月額費用にわけて書いていきます。

    MNPにかかった初期費用
    ・ホワイトプラン違約金 9975円
    ・転出手数料        2100円
    ・新規手数料        2835円

    合計  14910円

    初期費用がだいたい乗り換えの場合は15000円かかりました。
    つまり、このXperia acroが15000円ということで置き換えてもらっても大丈夫かなと思います。
    このMNPですが、docomoの2in1や、ソフトバンクのプリペイドを使えばもう少し安くなります。

    月額料金
    ・プランSSシンプル 980円(無料通話1000円)
    ・IS NET                      315円
    ・IS フラット       5460円
    ・ケータイサポート   315円
    ・ユニバーサルサービス料 7円
    ・毎月割       -1800円

     月々4962円


    これが一般的に携帯を使う人の料金と見積もっています。さらによく話をする人がau同士であれば指定通話315円をつけて電話などもお安くしたりとかそこは柔軟にすればいいということで、パケットなどもしっかり使えて端末保証もつけて最新機種が月5000円を切るこの値段というのはかなりやすいと思います。
     
    写真 11-08-02 23 30 24

     ちなみに使い勝手の方ですが、Xperia arcなどから噂されていたリブートを繰り返したりメモリが足りなくなるということもなく、とても快適にサクサク動きます。もしかして自分の端末だけかもしれませんが、おサイフケータイやワンセグなどもガラケーのように使えて便利です。さらにau回線もソフトバンクとは比べ物にならない程度に快適です。最近はdocomo回線が詰まるところも多くなってきたので、その分ではauでパケットを使うのは速度的にはdocomoと同等ぐらい出ますので快適です。 


    ちなみにいつものようにMNP一括0円で契約をした場合でのモデルケースとしての最低維持料金をしめしておきたいと思います。



    1.最低維持料金(毎月割を残すパターン)
    ・ プランSSシンプル 980円
    ・ダブル定額    2100円
    ・ユニバーサルサービス料 7円
    ・毎月割      -1800円
    =月々1287円
    ・新規手数料    2835円
    2年合計 33723円+MNPの費用 


    2.最低維持料金(毎月割を残さないパターン)
    ・プランEシンプル 780円
    ・ユニバーサルサービス料 7円
    =月787円
    ・新規手数料    2835円
    2年合計 21723円+MNPの費用

    これだけ見ると毎月割を残す方が安いかもしれませんが、今後毎月割が増額などさらた場合にはまた違った結果がある可能性があります。

    ※追記 回線を寝かすつもりでMNP一括0円などでauを契約するなら月末がお得です。契約時にはパケット定額などに入らないといけない場合が多いです。その際に後日外すことになるのですが、その外す手続きが反映されるのは次月からになります。そして月末までのパケット定額の料金は日割りになるので、なるべくなら月末に買うとそのパケット定額の日割り日数がすくない分だけ負担が少なくなります。


    MNPとして、一番簡単なのはdocomoの2in1で既存のdocomo音声回線にBナンバーをつけてそのBナンバーを転出するというのが簡単な方法になります。

    ・docomo 2in1 でMNPするまでにかかるお金
    基本料金 25円(1日分)
    MNP手数料 2000円
    消費税 101円
    合計 2126円

    これでMNPできる番号が手に入ります。これでできれば一番お安い方法かもしれません。


    auではXperia acroやINFOBARやGzなどの最新スマートフォンでもMNP一括0円になっていることがあります。
    みなさんもMNPを使ったりなどして、
    「端末は買うものではない、0円で支給されるものだ」ってことで月賦なんてあまり使わずに最新機種を手に入れてスマートフォンライフを楽しみましょう。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    巷で噂のauの端末IS01を買ってみました。

    どうしてこのタイミングでau?




    もちろんヤマダ電機で新規0円だったからです!


    おまけにauの純正充電器付き!



    その購入理由は、このIS01は12月19日までIS01/IS02割として2年間基本料金の割引があるからです。
    プランEシンプル(月額780円)とIS NET(月額315円)分の1095円を24ヶ月割り引いてくれるというおいしいことなのです。
    つまり、この本体で発信とかパケットの3G通信をしないなら、2年間だけですが、毎月ユニバーサルサービス料の8円だけを払うだけで済みます。


    毎月の内訳を書いてみると

    基本使用料 プランEシンプル 780円(無料通話なし)
    IS NET               315円
    ユニバーサルサービス料      8円
    IS01/02割           ー1095円
    合計 8円



    こんな風に月々8円でもてるわけです。
    新規一括で0円でも初期費用として新規契約事務手数料の2835円かかりますが、それを含めても2年間保持金額が3027円というのは魅力です。2年経ったら用途にあわせて解約やMNPが出来ますから持ってて損はないと思います。
    ちなみに基本料金のプランは別途、無料通信分がついたプランにも変えることができます。
    その時でも月々1095円は引いてくれるので、例えば基本料金980円の1000円の無料通話がついているプランに変更すると、月々280円で1000円分の通話ができることになります。これってお得・・・?



    軽く使ってる感想を書いてみると、

    IS01はメインとして使うのはあまり良くないけど、おもちゃ感覚でサブ機として使うなら結構優れています。
    やっぱりキーボードの入力、さらに変換機能が今でてるスマートフォンでは一番賢いと思います。
    移動しながら使うというより、軽く机の上に置いたりして使うのが使いやすい端末です。
    画面もでかいのでブラウザとか見やすいですね。トラックボールをコロコロしていくだけでブラウジングできるのでなかなか便利です。
    自分が一番使ってるのが、プリインストールされてるアプリで軽くワードファイルとかいじれたりするのでdropboxなどからOfficeファイルを引っ張ってきて、確認したりいじったりしています。
    この時、キーボードがあるというのは結構いいポイントです。また、出先で見たいファイルをgmailの下書きで保存しておき、出先でgmailからダウンロードして確認といったこともできます。
    また、電池持ちも意外といいのでハードな使い方をしなければ電池きれの心配はないと思います。
    さらに、あの5型の画面でのワンセグは意外と感度もよく、もしもテレビを外出してる時に見たいと思ったら、結構役立ちます。
    あと、案外・・・赤外線ってのは今の社会では馬鹿にできません。




    最後に留意点を少々。

    このIS01を月々8円で運用するのは、あくまでもISネット経由でパケット通信を使わないことを前提にしていますので、wifi環境がないとまったく使い物になりません。
    ですので、3Gのパケット通信をするとパケット代金がかかります。
    外で持ち運んでネットなどを使うにはwifi機器(ポータブルwifiやポケットwifiなど)が別途必要です。
    wifiにつないでいる環境ではEZの携帯メールは使えません(携帯メールは3G環境でしか使えないため)
    au回線は過去2ヶ月以上の支払い実績がないと2回線以上契約できません。たとえ8円であってもです。
    契約期間の途中でISNETを解約すると再度加入することは出来ず、auの別途提供するプロバイダにに加入しなければなりません。
    wifiの8円運用をするつもりで、SIMを差しっぱなしだと思わぬ通信をしてしまうことがあるので必要があるとき意外はSIMを抜いておいた方がベターです。
    イヤホン端子は平型です・・・
    コンセントからの充電器はauの充電器(別売り)と専用の端子(同封)が必要です。
    フォトフレームとの抱き合わせでの販売での抱き合わせ販売は特に必要がない限り、避けた方がいいと思います。


    今から買うなら、新規一括0円 指定オプションは一ヶ月携帯保証サービス315円に加入がいいところでしょうか。
    各所で在庫切れが多発してるので、欲しい方は根気よく探しましょう。


    とにかく、快適なスマートフォンライフを送れるのか、送れないのかはあなた次第!
    賢い消費者になりましょう。






    くれぐれも新規0円乞食なんていわないでくださいね・・・




    <追記> 
    キャッシュバックやおまけ付きなどのお店もあるようです。
    ユニバーサルサービス料が7円になるようです。


    このページのトップヘ