ワイモバイル、ヤフーのYがこれから市場を変えていくのかもしれません。当初はヤフーがイー・アクセスの買収とされていましたが、その後連携といった形になっています。


Y mobile

そして7月17日のY!mobileの発表会を前に、いつものように日経新聞がどういった内容の発表会になるのかといった記事が出ていたので、紹介していきたいと思います。



日本経済新聞 7月17日の記事によると

ワイモバイルのスマホ定額、月2980円から 大手の半額以下に

この記事で料金プランについて、少しだけ詳しく説明されています。

重要な部分だけ抜き出して整理すると


・Y!mobileは「格安スマホ」に対抗として料金を全面に押し出す

・1GBプラン2980円、3GBプラン3980円 端末代金別

・定額の内容としては、パケット量+1回10分以内の通話月300回

・ヤフーの利用頻度でデータ通信量が増える

・イーモバイルとウィルコムの販売店は8月からY!mobileに切り替え


といったことを伝える記事の内容になっていました。


個人的に一番注目したいのが、やはり1GBプラン2980円の存在です。

格安スマホといったワードを作るになったdocomoのMVNOでも、1GBプラン1600円程度で提供しているところもありますが、通話定額といったものを提供しているMVNOはありません。今回のプランは、1GBの通信量というMVNOがこれまで担ってきたライトユーザー需要の部分を取り込みつつも、ウィルコムの売りであった通話定額を踏襲し、業界4位のキャリアとしてどういった層にアピールしていくのかといったことに注目したいと思います。

現状でもGL-07Sで2年間1980円といったスマートフォンを販売しているイー・アクセス、これからY!mobileでさらに攻めの姿勢が始まるのでしょうか。


既存キャリアに出来ない新しいキャリアを目指す、Y!mobile。

一体どんな料金が出てくるのでしょうか。様々な料金が高くなる今、実はみなさんが求めている料金プランってココにあるのかもしれません。

Y!mobile