3キャリアからiPhoneが発売されることが決定し、一番競争が激しくなりそうなのが、Appleが廉価版(◯れんかばん ×けんかばん=喧嘩版)と設定しているiPhone 5cです。アメリカなどでの実質価格は16GB99ドルと設定されていますが、日本では新規の場合、すべてのキャリアで実質0円としており、本体の実質価格のみならばAppleの発表より安いです。

 

発売前から安いことが確定しているiPhone 5c 16GB32GBですが、これからさらにキャッシュバックなどをつけて販売したり、本体を値引きしたり、毎月の割引を増やすなど、熾烈な価格競争がみれそうです。

 

今回はソフトバンクから発売されるiPhone 5cの料金をみていきます。


まずiPhone 5c16GB32GBの本体価格、実質価格、月月割です。

 

iPhone 5cソフトバンク料金
 

表をみてきましたが、機種変更でも実質価格が3000円台とかなり安いです。新規MNPなら実質価格は0円、10000円分のキャッシュバックが貰えます。(10000円分の割引か10000円分のソフトバンクポイント)またソフトバンクではiphone5から継続して機種変更された場合には、パケット代5460円が1年間1050円割引となるかいかえ割、学生の場合には2年間1050円引きとなります。MNPの際にはバンバンのりかえ割で基本使用料のホワイトプランが2年間基本使用料無料となります。他にも本体の下取りなどキャンペーンがあります。

 

それでは毎月の料金をみていきます。

今回はiPhone 5c 16GBの料金を一例として載せていきます。

 

【機種変更】
iPhone 5cソフトバンク1

【機種変更 学生】
iPhone 5c ソフトバンク2 

【新規】
iPhone 5cソフトバンク3 

MNP

 iPhone 5cソフトバンク4

以上、料金をみてきました。まだまだこれからさらに安くなる施策が発表される可能性が高いiPhone 5cです。
他社との競争でどのタイミングで購入するのか注目したいところです。

ぜひ、自分にあった最高のタイミングでの購入をおすすめします。
結構、iPhone 5cは様子見の人も多く躊躇されるところです。 

 

新型iphoneに関するすべてのまとめはここから

http://haijin.net/archives/51399705.html