5月といえば発表会のシーズンです。運動会ではなく、スマートフォンの新機種が発表される時です。

前回はソフトバンク、そして今回はドコモの新機種が発表されました。
きっと誰もが欲しくなる機種が発表されたことでしょうか・・・。
それとも売れずに在庫処分の身となってしまう機種が発表されたのでしょうか。

気になる発表会で発表されたスマートフォンですが、
今回は早速、明日の16日から受付され、最速では翌日発売される機種もあるようです。

そして、キーワードはツートップらしいです。 


最後にはみなさんがかなり注目しているiPhoneが発売されるなどの動向についても分析していきたいと思っています。



 
ツートップとは宣伝文句にふさわしい機種がラインナップされています。今回はドコモは様々な人の使い勝手がよくなりそうな機種が出ているイメージです。


それではツートップからみていきましょう。

 

ドコモの夏モデルの本命はといえば、Xperia A SO-04Eできまりでしょう。
エースと読むらしいです。
Xperia A SO-04E
http://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/so04e/topics_01.html?to_feature=top_h2

全部入りスマートフォンの本命です。これまでは微妙な色が多く違う色があったら買うのになと言っていたこのXperiaも今回は4色が展開され、機能面ではカメラ起動もシャッターの長押しから可能など、これまではデザインの観点から削られていた使い勝手もしっかり搭載しています。昨年のXperiaの夏モデルはカメラまわりが少し不安定だったので、進化したXperiaに期待したいところです。
この夏はXperiaの初代全部入りシリーズの Xperia acroの発売からほぼ2年のタイミングなので、次からもデザイン重視でXperiaに買い替えたいという人は多いのではないでしょうか。


次もツートップにふさわしいGALAXY S4 SC-04Eです。

GALAXY S4 SC-04E
http://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/sc04e/

Galaxyは安定した使い勝手とそのハイスペックさが評価され世界で一番売れているスマートフォンと常にiPhoneと競っています。
すでに高機能はすでに頭打ちにあるAndroidですが、GALAXY S4 SC-04Eは常にその上位にいます。今回はS3αと比較して、以前のスマートフォンにならあった、劇的な進歩こそ見られませんが、安定性などは2年間安心して使えるスマートフォンということになっているでしょう。個人的に気に入った機能としては、写真を取るときにその場の音も保存することが出来るというサウンド&ショットという機能でした。写真だけではない新しい記録の仕方として、夢がふくらみます。
また、フルHDの有機ELのディスプレイを搭載し、これまで高機能だけど液晶は汚いと言われてきたサムスンですが、これで死角がなくなりました。またデザインもブラック、ホワイト、ブルーという3色が登場するようなので期待大です。
しかし、国際版のS4はもうひとつスペックが上位になっており、それが差を感じさせると共に、いずれS4αのようなカタチでスペックアップしたS4が登場するのではないかと思わずにはいられません。もちろんS3もS3αも買った人がそこまで差を感じないように、S4もS4αも変わった部分は特に出てこないでしょう。次の登場するスマートフォンの後継機を気にせず安定して購入できるのがこのGalaxyの最近の特徴でもあるかもしれません。


さて、ここからはツートップは離れますが、興味のあるスマートフォンが続々出てきます。

AQUOS PHONE ZETA SH-06E
http://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/sh06e/
個人的にはツートップよりも優れたスマートフォンではないかと思っているのが、AQUOS PHONE ZETA SH-06Eです。
シャープを経営の危機から救う、次期iPhoneにも搭載されるのではないかと言われる独自のIGZO液晶が備わっています。
省電力、高解像度とスマートフォンにはなくてはならないものがこの新ZETAには備わっています。
特に充電をよく忘れたりする人や、デザインから主婦の人気がZETAは高く、この夏、最も手に入りにくい機種となる可能性が大なので購入予定の方は、明日の一番で予約することをおすすめします。



ARROWS NX F-06E
http://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/f06e/
ARROWS NX F-06E、大人気ARROWSシリーズの最新機種です。ソフトバンクで発表されたARROWSと同じく、フルセグに対応、大容量の電池を搭載しています。色が2色しかないのは残念ですが、ARROWSは大容量のバッテリーと64GBもある内蔵のメモリがスマートフォンを安心して使えるようにしてくれると思います。また個人的な感想ですが、富士通の製品は使い勝手がよく使えば使うほど手に馴染んでくるのでおすすめです。またARROWSがドコモの本命などでなく、表立ってあまり取り上げられないときの機種は、優秀な機種が多いという法則があるので、「目立たないときのARROWSは買い」という名言を作りたいぐらいの気持ちです。この機種も噂の段階では、不具合が少ないということなので以前の悪評がたつようなものではないかと思います。


AQUOS PHONE si SH-07E
http://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/sh07e/
AQUOS PHONE si SH-07Eという機種で特段取り上げるような特徴は特にありませんが、スマートフォンとして一番大事なフィット感とデザインを基調とした機種です。最新機種を求めないのであれば、このオレンジ色のスマートフォンとか欲しくなります。


Optimus it L-05E
http://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/l05e/

昨年、使い勝手がいいと好評を得たitの後継です。前回のitは使い勝手こそよけれど、電池持ちや解像度に難があるという機種で、予備のバッテリーがつくほどのものでしたが、今回はドコモ全体として2日間使えるという省エネの機種となり、以前の機種と同様のサイズ感ながら、画面が大きくなり、隠れた名機となるのではないかと期待するところです。高スペック化がほぼ達成された今では、やはりスマートフォンは自分の手に会ったものが一番使いやすいところです。



ELUGA P P-03E
http://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/p03e/
ドコモのガラケーからスマートフォンへの買い替えという分野で発揮するのか?
ドコモのシンプルUIを搭載したスマートフォン、ELUGA P P-03Eです。
触らずタッチなどの売れ込みですが、おそらく使う機会はほとんどないような気もしますので微妙なところです。


MEDIAS X N-06E
http://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/n06e/
これもELUGA P P-03Eと同じようにガラケーを使っていた人がスマートフォンの入門機として使いやすいUIが搭載されたモデルです。この辺の機能性は少しの違いはあれどほとんど中身に関しては違わなので、デザインが気に入るかどうかで決まってきそうです。



Disney Mobile on docomo F-07E
http://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/f07e/
スマートフォンはディズニーという人向けの最新機種です。とりあえずディズニーが好きな人はスペックとか一切気にしない気もします。
スマホピアスもいい感じにさせるので、デザイン重視の人はオススメです。ディズニーでどや顔で歩けます。



ここからはスマートフォン以外のタブレットやらくらくフォンをみていきましょう。

AQUOS PAD SH-08E
http://www.nttdocomo.co.jp/product/tablet/sh08e/index.html

ついにドコモでもAQUOS PAD SH-08Eが登場です。フルセグの見れるタブレット、どこかまな板のようですね。
省電力のタブレットとしてはかなりいいとおもいます。寝るときに使うタブレットとしてかなりよさそうな気もしないでもありません。


rakuraku
http://www.nttdocomo.co.jp/product/easy_phone/f08e/index.html

去年の発売日にはドコモショップにお年寄りの波があったというらくらくスマートフォンの新モデルが登場です。
タッチパネルの押し込みの工夫など、以前より良くなっていることまちがいなしです。以前はFOMAでしたが、今回はXiとなっています。そしてらくらくスマートフォン対応のXiパケ・ホーダイの専用プランも登場予定です。
お年寄りは結構お年寄り扱いされるのが嫌いなので、このスマートフォンも一番人気の色はお年寄り臭さがあまりないピンクになるんじゃないかなと思っています。 
そして驚いたことは、LINEがらくらくスマートフォンで専用アプリでつかえることになるということなので、メールの時代は本当に終わりを迎えたのかもしれません・・・。これからはなんでもLINEで送る時代になるのでしょうか。



以上、発表会で紹介された最新機種をみてきました。
さらにいろいろまとめるときりはありませんが、個人的な本命はやはりAQUOS PHONE ZETA SH-06Eです。XperiaでもGalaxyでもなく、電池持ちをいう人がかなり多いので、IGZOがええぞーというような感じで売れていくと思います。むしろAQUOS PHONE ZETA SH-06Eをスリートップとして持ってきてもよかった気もしますが、みんなその辺はお察しくださいということなんだろうなと思います。


さて、料金系のブログでして発表会で一番気になったのは、早くも今月発売されるXperiaとGalaxyの特別価格という表記です。しかし、これは現在ガラケーを使っている+10年以上ドコモを使っている方がそれぞれ1万円の月々サポートの増額として割引の対象となっており、そこまで数多くの人が実質5000円程度で買えるということではありません。1つも該当しない方は25000円から30000円ということになります。



そして気になるドコモからiPhoneが出るのかという動向ですが、例年より夏モデルの発売が早いです。
昨年であれば6月から7月として発売されていましたが、今年は発売が1ヶ月早いです。
それをみると、8月から9月に予定されているiPhoneの新機種発売と今回の発売のピークをずらしたという見方もできます。
ということで、今回は日経からiPhone出ないんですかーという質問がなかったので、少し残念でした。


様々な最新のスマートフォンをみてきました。
まずは明後日発売のXperia A SO-04E
名前の通り、エースの働きは出来るのでしょうか?期待大です。
早く料金を計算しないといけませんね。あとは今月の買い時の紹介とか・・・。
みなさんの要望にすべてお答えできてませんので今しばらくお待ちくださいませ。


ついに夏モデルの季節までめぐってしまいました、これからも安心安全な健全ブログとしてみなさんの寝ぼけ顔から、寝顔まで応援しています。

とりあえず、夏モデル買った人・・・、感想教えてください!!