みなさんこんにちは、様々なものを発売日に買うということほど大切なことはありません。そうかつて、エライ人は言っていました。どんなものだって発売日に買った人が一番偉いに決まっています。そして、その人に対して外野から文句をつけることは決して許されないのです。

 

なぜ、そんなことを言ってるかって?

そう、何を隠そう私も買ったからです。

 

iPhone5を!!!!!!!!!!

 

すいません、見栄貼りました。実際はまだ発売されておりません。そして私はSoftBankも契約できます。

 

実は、購入したのはkoboです。

楽天から出た噂の電子ブックリーダーです。

 

 

楽天だから?なんだ、という感じですが、普段から楽天ばかり使っている私には嬉しい限りです。 そして、発売日までに予約した人はプラチナ会員なら3000ポイントももらえるので、本体価格が7980円ということで、実質4980円円で購入できたのと同じ事になります。

おもちゃが5000円で買えたというのなら、2万円すると言われているKindleなんかよりずっと安いですよね。まあ、電子ブックリーダーを買わない人は、いつまでも紙で本を読む旧時代の人間に成り下がっておりてください。私はみなさんより一足先に未来にいってきます。

 

それではレビューしていきたいと思いますが、まずひとつ言えるのは役立つレビューなんて読みたかったら、他のサイトを読めばいいと思います。このブログでは独自の上から目線でkoboをレビューしていきます。

 
 

次のページで、この最強の電子ブックリーダーのレビューを書いていきましょう。

 

 

 

 

 

 まず届くときにすぐ感じるのが、ヤマト氏ねってことです。
家を用事で出るのが2時すぎだったのですが、ちょうど家を出て5分後に不在が入っていました。
そして、さっさと届けろと電話したのですが、ちょうどセンターに帰ってきたところで、時間がかかりますと言われ、やっと届けてもらえました。

そして、大阪のあるカフェに行って開封をしました。時より写っているのはF-12C ClassicOrangeです、サイズ比較に置いてあります。


48
 
まず楽天のダンボールに包まれて、まるで男の子の大事な部分かのように扱われながら届きます。



27


そして皮をはいでみると、こんな小さなものが出てきます。本っぽいデザインですよね。



09

白氷の白州ハイボール、おいしいです。


34

格式高いスマホに、格式高い飲み物、そしてkoboが最高の写真です。


25

後ろはこうなってるんですね。iPadのようなデザインの箱です。

05

箱が開けにくすぎて、いろんなものを壊しかけました。本当に箱を開けるだけで今日、何台のkoboが割れてしまったのか心配するくらい箱があけにくいです。それだけkoboは箱を開けれる人を選ぶという、上流階級の持ち物ですね。


37

ちょうどいいお皿の上に置いて、電源を入れてみます。


22

PCにつないでくださいと出たので・・・、開封もここで終了です。。。


11

ちなみに言語はいろいろ選べるみたいです。情弱なので日本語を選択しました。


05

なんかかわいいアイコンが出てきますが、どこかむかつくので画面をなぐってやりたい気分です。

52


電源を切ると、このむかつく画面になります

15

 ちなみに付属品はケーブルだけという貧相な装備です。


28
 
koboとともにお酒などをおいしくいただきました。


50

 家に帰って早速セットアップをします。専用のソフトウエアをパソコンにインストールしてケーブルを挿入するだけです♂

18

押します。

54

おっけーします。

19

 害悪の楽天スパムメールアカウントでログインします。


56
 
これでしばらく待つと使えるようになりました。

 03

これであとは本を入れて使うだけです。

簡単でしょ?こんなのでは誰も詰まらないみたいです。



最後になって、自分の特に気に入った使用感の感想です。
 全体を通しての感想ですが、写真にはないのですが、カフェで開封芸をしているときに、グラスなどをkoboをタンブラー代わりにして置いてみました。そのとき、グラスについていた結露が見事にkoboに吸収されていくのを体感することが出来ました。また皿にした際には、その独特の質感などから、食べ物の見た目をより引き立たてるような役割を果たしてくれると思われます。ぜひ、いろんな場所でタンブラー代わりとして、koboを使ってみたいと強く思いました。グラスをのせてもびくともしない強度はあります。
あと、多少画面に水をkoboしても、大丈夫だったのでお風呂でもバリバリ使えると思います。
電子ペーパーならではの使い勝手ですよね。

ただ、裏面の加工が持ちやすいのですが、汚れがとても気になるところです。直接的なお皿として使うのは少しiPadなどでやってきましたが、少しさけるべきかと思います。


あとは専用のブラウザがついているのですが、ぜひ画像を検索して欲しいと思います。
自分は黒の良さを体感するため『ニーソックス』で画像検索をしてみました。すると、とてもこれまでに見たことがないくらい綺麗な見やすい黒というものが表現されていました。これもkoboにしか出来ない技だと思います。

本のことは書いてませんが、このkoboで別に読むつもりはありません。


自分の気に入ったところはこんなところですが、みなさんはいかがでしたでしょうか?


今後もkoboについていろいろ気に入った点や気づいた点などを書いて行きたいと思います。 



ぜひ、みなさんもkoboのある生活でリアルを充実してください。
私はkoboを買ってからリアルが充実しすぎて辛いです。ちなみにこのkoboの写真はデート中に撮った写真です。



01

47

 目指せ!!koboでリア充ライフ、この記事は21歳で彼女に飢えている名古屋の方に送ります。
 ぜひ、みなさんもこれだけリアルが充実するkoboの購入を検討してみてはいかがでしょうか。