このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    SIMカードが余っているという人にぴったりのデバイスが登場した。
    ドコモとCerevoが共同でリリースを出したSIM CHANGER ⊿というデバイスである。


     SIM CHANGER ⊿

    三角の物体らしきもので、SIMカードを4枚搭載でき、専用のSIMカードを入れた
    端末からアプリの操作で、それぞれのSIMカードを使い分けることができるデバイス
    のようだ。Bluetoothでの接続で利用することができ、 使い分けに最高!!という
    ことで紹介されていた。ドコモが持っているPsimのライセンスを用いられているという
    もので、今後も同じようなデバイスがどこまで出てくるか楽しみだ。
    これまでこのようなSIMカードの切り替え可能なデバイスは登場していなかったので
    おもしろい製品になりそうな気がしている。


    早速ほしいと思って、HPを見ると、今回はスタートアップのような製品のため、
    今はやりのクラウドファンディングで支援することで送られてくるということのようだ。
    すでに目標金額は1日で達成しており、これからは在庫が切れるかどうかというレベルでの
    話になってくるので、気にったら、10800円くらいからできるので、今の内に手をつけておこう。


    SIM1


    https://www.makuake.com/project/simchanger/

    ちなみに自分はAndroidもiOSもどちらのカードも付いた14040円コースに。あとから
    3000円で追加できるようですが、どうせすぐには手に入らないと思うので。
    これで自分の考えた最強のモバイル環境(ドヤアアアアア っていうものが作れる予定です。
     来年の3月が楽しみで仕方ないです。興奮して今から眠れませんね。

    ということで、みなさんもどうせそのうち買うんだから、とりあえず優待価格で買える今の内に
    一回ポチッとしておきましょう。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    2016年6月11日(土)、
    あのスマートフォン業界注目のスマホのアンバサダーイベント
    が開催される。そのスマートフォンの名は"mode1"というスマホだ。 


    mode1
    _SL1500_
    このスマートフォンは、ピーアップという携帯を販売しているお店が出す
    AndroidのSIMフリースマートフォンとなっている。街のケータイショップでは
    テルルという、ピンクがモチーフのショップで、お馴染みの可愛らしいキャラクター
    で展開されている。


    これまでSIMフリーのスマートフォンといえば、端末製造メーカーや通信会社
    によって販売されるというのがほぼ当たり前だったが、このmode1に関しては、
    ケータイショップが出したということで、業界の驚きも大きい。

    これまでキャリアのショップしか提供してこなかったサポート体制など、これまで
    販売に徹していたテルルのようなケータイショップ自分たちで乗り出したという
    ところに、新しいビジネスモデルの確立、また他社と差別化できる近所のケータイショップ
    としてのノウハウの構築ができるのかが、mode1という新たな取り組みの中で注目を集めて
    いる。


    そしてイベント自体、最初はmode1を写真にとって紹介したいという人のお願いから
    小さな話が始まったが、mode1への期待度からか、ピーアップの初めてのアンバサダー
    イベントからか、販売しているピーアップを束ねるトップの社長さんや開発責任者の方
    が登場し、mode1へ込めた想いを熱く暑く語っていただける豪華なイベントが予告されて
    いる。




    <mode1アンバサダーイベント>
    開催日時:6/11 (土) 13:00~(終了予定15:00)
    場所:東京都足立区千住1-4-1 東京芸術センター11F 
    参加方法: TwiPla Facebookフォーム 
    参加費:無料


    まもなく参加締め切りとのことなので、今迷っている方は早めに申し込むのが
    ベスト。有名どころのアンバサダー系イベントは、昨今、非常に競争が厳しいため、
    当たらない方はこういった確実に参加できるイベントが狙い目です。


    全く新しい角度からスマートフォンに殴りこんだ、ピーアップ&mode1、
    今回、初のアンバサダーイベントとのことで、主催者の方がドキドキですが
    期待大です。 

    このページのトップヘ