このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    先日名古屋にいく用事があったので、三宮からバスにのっていってきました。
    まず名古屋について一番最初にいくところといえば、みなさんはどこでしょうか?


    もちろん私はビックカメラです。 

    さてそこで目撃したのは
    x2_771794b
     
    7月30日から31日の2日間限定でMNP一括0円というものでした。 
    関西では最近、あまりこういうほぼ条件なしの安売りがなかったので、即買いましょうと決断をしました。
    MNPで0円だったので、どの番号からにしようかなってことで、最近あまり使っていないDesireHDの番号でMNPすることに。
    売り場の前でソフトバンクのダイヤルに電話です。10分程度でMNP番号を取得して、早速契約へといきました。

    こんなに簡単にMNPできるなんてコワイ世の中ですね。


    写真 11-08-02 23 28 23



    さて、今回かかった費用とこれからかかる費用を計算してみたいと思います。
    ちなみにこの端末は自分の契約ですが、妹が最近、中学生になり友達と連絡とかするために携帯かスマホを買うということだったので、そのまま端末とかあげたいと思っています。このacroはスマホ初心者や既存のガラケーユーザにとっての一台もちには十分な性能だと思います。キャリアメールは9月対応ですがそれが始まればです。
    ということで今回の書き方はMNPにかかった初期費用と、普通に中学生が携帯を使うときに必要であろうこの端末の月額費用にわけて書いていきます。

    MNPにかかった初期費用
    ・ホワイトプラン違約金 9975円
    ・転出手数料        2100円
    ・新規手数料        2835円

    合計  14910円

    初期費用がだいたい乗り換えの場合は15000円かかりました。
    つまり、このXperia acroが15000円ということで置き換えてもらっても大丈夫かなと思います。
    このMNPですが、docomoの2in1や、ソフトバンクのプリペイドを使えばもう少し安くなります。

    月額料金
    ・プランSSシンプル 980円(無料通話1000円)
    ・IS NET                      315円
    ・IS フラット       5460円
    ・ケータイサポート   315円
    ・ユニバーサルサービス料 7円
    ・毎月割       -1800円

     月々4962円


    これが一般的に携帯を使う人の料金と見積もっています。さらによく話をする人がau同士であれば指定通話315円をつけて電話などもお安くしたりとかそこは柔軟にすればいいということで、パケットなどもしっかり使えて端末保証もつけて最新機種が月5000円を切るこの値段というのはかなりやすいと思います。
     
    写真 11-08-02 23 30 24

     ちなみに使い勝手の方ですが、Xperia arcなどから噂されていたリブートを繰り返したりメモリが足りなくなるということもなく、とても快適にサクサク動きます。もしかして自分の端末だけかもしれませんが、おサイフケータイやワンセグなどもガラケーのように使えて便利です。さらにau回線もソフトバンクとは比べ物にならない程度に快適です。最近はdocomo回線が詰まるところも多くなってきたので、その分ではauでパケットを使うのは速度的にはdocomoと同等ぐらい出ますので快適です。 


    ちなみにいつものようにMNP一括0円で契約をした場合でのモデルケースとしての最低維持料金をしめしておきたいと思います。



    1.最低維持料金(毎月割を残すパターン)
    ・ プランSSシンプル 980円
    ・ダブル定額    2100円
    ・ユニバーサルサービス料 7円
    ・毎月割      -1800円
    =月々1287円
    ・新規手数料    2835円
    2年合計 33723円+MNPの費用 


    2.最低維持料金(毎月割を残さないパターン)
    ・プランEシンプル 780円
    ・ユニバーサルサービス料 7円
    =月787円
    ・新規手数料    2835円
    2年合計 21723円+MNPの費用

    これだけ見ると毎月割を残す方が安いかもしれませんが、今後毎月割が増額などさらた場合にはまた違った結果がある可能性があります。

    ※追記 回線を寝かすつもりでMNP一括0円などでauを契約するなら月末がお得です。契約時にはパケット定額などに入らないといけない場合が多いです。その際に後日外すことになるのですが、その外す手続きが反映されるのは次月からになります。そして月末までのパケット定額の料金は日割りになるので、なるべくなら月末に買うとそのパケット定額の日割り日数がすくない分だけ負担が少なくなります。


    MNPとして、一番簡単なのはdocomoの2in1で既存のdocomo音声回線にBナンバーをつけてそのBナンバーを転出するというのが簡単な方法になります。

    ・docomo 2in1 でMNPするまでにかかるお金
    基本料金 25円(1日分)
    MNP手数料 2000円
    消費税 101円
    合計 2126円

    これでMNPできる番号が手に入ります。これでできれば一番お安い方法かもしれません。


    auではXperia acroやINFOBARやGzなどの最新スマートフォンでもMNP一括0円になっていることがあります。
    みなさんもMNPを使ったりなどして、
    「端末は買うものではない、0円で支給されるものだ」ってことで月賦なんてあまり使わずに最新機種を手に入れてスマートフォンライフを楽しみましょう。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    6月24日(金)東京へと行ってまいりました。

    それはソフトバンクの株主総会へと出るためです。
    Twitterでソフトバンク株主総会のキャンペーンアカウントをフォローしたら当たったので少し興味があったので一週間前に行こうと決めました。てか、お酒飲んでたらいつの間にか飛行機と帰りの夜行バスを予約していたので、さらにクレカ払いでしたのでもういくしかありませんでした。

    神戸空港から7時15分くらいに出発する飛行機で出発です。
    そういえばそれまで 神戸空港にいったことがなかった、というか飛行機のるのも久しぶりでしたので高まりました。
    少し揺られること一時間半くらい。サラリーマンに囲まれながらのフライトです。
    そういえば機内販売ってとっても安いですよね。ジュース100円ってなかなか良心的です。
    こうして電気は大丈夫なのかと思いながら東京へとたどり着きました。
    しかし、せっかく買ったiPadのペンを飛行機においてきてしまって本当に落ち込みました。
    今度は絶対に3000円のワコムのペンを買いましょう。
    というか、誰か関西で売ってる場所があったら教えてください。売ってないんですよ。
    早速、ペンを無くしたので東京の怖さを思い知らされました。 

    こうしてモノレールへと乗り込み・・・いざ有楽町へと向かいます。 
    いきなりスマホをルーターかわりにしてTHINKPADを使っている人が目の前にいたので東京広いなと思いました。ガジェットを普通に使いこなしている人がいる、それが東京のイメージです有楽町へ到着、とりあえずまだヨドバシは開店してなかったのですが、GALAXY S II SC-02Cの販売待機列がもう出来ていました。

    有楽町について、そこから始まりです。
    株主総会の東京都フォーラムへとやってきました。
    一緒に株主総会へ行く予定だったITメディアでも取り上げられるほど有名な加古川正樹さんは寝坊で一人で会場へと侵入です。

    入り口でゲスト当選した証拠のQRコードをかざして、ゲストパスと会場内のWiFiのパスワードを貰い会場の中へと入ります。まず、目に付いたのは無料ドリンクコーナー。お茶とコーヒーが無料でそこへは置いてありました。いわゆる飲み放題です。飛行機代を少しでも取り戻そうと、必死になって飲みまくりましたというわけではありませんが、節電、節電であっつい東京に少し腹がたってきてたので冷たい飲み物を飲みまくりました。生き返って天にでも登る気持ちです。

    ここが東京の天国か?

    そんなことを思うくらいにお茶は美味しかったです。
    そしていよいよ会場へと入ります。
    会場に入った途端待っていた現実とは、docomo圏外というdocomo必死系ユーザーにとっては厳しい現実でした。そこでSoftBank側が用意してくれたWiFiに乗っかります。

    自然エネルギーで話題の孫さんをはじめて生でみました。
    SoftBankは1位、1位、1位というまるで洗脳のように孫さんのプレゼンに合わせて流れて行きます。しかし株価に対する配当金は、1株5円という最高益をあげているにも関わず配当は少ない『たった5円ですか?』という状況でした。
    SoftBankは世界の通信企業の中で一番1ユーザあたりの利益が多いというにもかかわらず。
    そしてその配当を我慢した分がどこで使われるのかというと、電波改善というものでした。
    やっぱり孫さん自身も感じてるのね、そしてお客様満足度No.1になれない理由はここにあるということでした。あとの質疑応答でもこの部分を強調していました。
    とりあえず、来年も頑張れよとは思いつつ、SoftBankプレゼンのうまさに舌を巻く事が多くありました。映像がとても携帯に関連したものでは…という感じの心訴えるものだったからでした。

    こうして、SoftBankの孫さんの報告は終わりました。
    政府が動かんから、だれが自然エネルギーやるんや、だからおれがやるんや。そして業績も絶対にナンバーワンになる。その意識でどんなことをこれからはするのでしょうか。うまくいっているところではいくらでもホラを吹いてもいいのですが。
    豆腐が一丁、とかいう物語は聞こえがいいですが、もう少し株主も大切にすればいいのじゃないのかなという気がしないでもありません。

    次は質疑応答です。
    ここからはユーストリームでは非公開なので、というかここが見たくて株主総会いったというのでも過言ではありません。
    まず第一の質問者からさすがというおじいさんが登場します。
    周りの人のこと、会場のことなんて気にせずにこう言い放ちます。

    おじいさん『私の話を少し聞いてもらってから、それから1つ質問をします』

    会場『…』

    孫さん『質問だけ手短にお願いします』

    おじいさん『わたしは◯◯が好きで、孫さんも好きな司馬遼太郎がうんたらかんたら、この中では私はこの作品が好きです………………………』

    孫さん『すいません、質問をお願いします』

    おじいさん『私がなにがいいたいというかといえば、孫さんにはうんたらかんたらと同じように、自然エネルギーでも進んで行ってほしいうんたらなんたら  それで質問ですが、株価の配当が少ないように思います、そのことをどうお考えでしょうか』

    会場『……………………………………………』

    おじいさんに会場が支配され、そのあとの質問は少し短めにというのが協調されました。

    ほとんどの株主の質問は、株式の配当が少ない、自然エネルギーなんてやるなら配当しろ、スカイツリーくらいの高さ分くらい配当しろよってことで支配されました。

    株主『孫さんの自然エネルギー計画最高だと思いませんかみなさん?拍手をお願いします』

    会場『ぱちぱち………………………ぱちぱち……………………』

    えっ?みたいな拍手の数で面白いものです。

    こうするうちにさて、お昼になり電気事業にも参入出来るように定款の変更がされるまえに遅れてきていた加古川正樹さんと合流するために会場をあとにしました。
    ちなみに、会社の定款というものは会社のルールを定めたようなもので、この書いてあることにしたがって事業をしていくわけで、つまりここに書いてあること以外はできないのです。
    だから今回、SoftBankが電気事業をやるということはこの定款には書いてないことなので、その部分の変更が必要なわけです。そしてその変更には株主総会で過半数の賛成を得ないといけないのです。ちなみにおそらくSoftBank場合だと孫さん自身を含め、銀行などの大口株主にもうすでに賛成のコンセンサスをとっていたと思うので、この電気事業の参入への株主総会っていうのはパフォーマンスにすぎないっていえば過ぎないような気がします。

    さて、お得意のスーツ姿の加古川正樹さんと無料のドリンクコーナーで合流し、会場をあとにしようと階段を降りて行きます。
    そこにお土産でなんと、契約をしないと貰えないはずのお父さんグラスがもらえたではありませんか!!!これは思いがけずラッキーです。。。何度も入れたらいっぱい貰うのになとか思ったり思わなかったり。

    こうしてつぎは近くのスマホラウンジへ。
    どうも無料でおいしいドリンクが飲めるという、今ホットな東京で憩いの場所を与えてもらえるという場所です。さすが東京、関西はこんないい装置はおいてありません!!!
    関西だとアクアクララの水くらいです。

    こうしてしばらくタダで冷えたココアをゴクゴクしたあと、今度は昼ご飯にお寿司を食べに節電地下鉄で移動します。
    そこで加古川さんのリア友に遭遇し、お寿司へと向かいました。
    八百屋さんの3階、だれもこんなところに本格的なお寿司屋さんがあるなんて思いもしません。
    しかし、店内に入るとそこはお寿司の薫り漂うお寿司屋さんでした。
    早速注文し、次々とお寿司が運ばれてきまず。
    さすがのお寿司、本格的すぎて思わず笑みがこぼれます。
    家の近くのお寿司屋さんとはまた違った雰囲気があって空気まで堪能しました。
    こうしてあっという間に満足度とお腹がいっぱいになりいい気分です。
    赤だしがうまい、そんなお寿司屋さん大好きです。

    さて、豪華に腹を満たしたあとはさらにauのデザイニングスタジオへと向かいます。
    ついたところ、そこではなにやら怪しいお笑い芸人が、なかなかステージに上がってきていない状況でした。何度も何度も呼ばれても。そしてそこには大笑いする女性客が大勢?なぜだどうしてだ。口をちょっと見ましたが、真顔でしかこのお笑い芸人みれないなってすぐに思うぐらいでした。
    しかしさすがに暑い。オプティマスパッドのうちわを取り出し、終始そこでは仰いでいました。東京って暑いなって。
    いろんな端末とかを触り触り、ハガキにペタペタスタンプを押しまくり、やっと貰えたのがティッシュという…

    そんなこんなで今度は避暑地を求めて秋葉原へと向かいます。
    ヨドバシ暑い。タダで水が貰えたり、テレビコーナーが涼しいくらいしか涼しい場所がありませんでした。今度はdocomoショップで加古川さんがいろいろ手続きしていたので。涼しい店内でぐっすりと小一時間寝ることができました。ソファー気持ちいいーーー。
    ちなみに加古川正樹さんは住所検索の際に、埼玉なのに東京で検索されていたので一行に、先に進まず、手続きに時間がかっかっていたという展開でした。睡眠時間をありがとう。
    さて、起こされてリナカフェへ充電へと向かいます。
    すでに円卓には何人もの人たちがコンセントをわけまくり、給電を行なっていました。
    電気って本当に大事だよね。とか思ったり思わなかったりとか自分もその一員に加わります。
    docomoのWiFiを充電しながら、ほかの人のWiMAXにタダ乗りさせてもらうのがトレンドです。
    東京にいたらWiMAX欲しくなります、しかし関西はまだまだ満足できるような感じではありません。

    リナカフェでいないうちにiPadが2度くらい置き引きにあうという自体がありましたが、なんとか取り戻し、そして前回ライブで東京にいったときに忘れてきていた使用済み天使ちゃんタオルもやっと返して貰い、夜の部の飲みへと繰り出します。

    厄介すぎるのでイカ省略ですが、飲み放題で粘るというのはこういうことをさし、店員さんの表情がここのテーブルにきたときだけ真顔で冷たくなるというのも今飲んでいる人たちのことを覚えているからでしょうと思います。それでけ毎週の様にだれかが何かをやっているのがこの場所なのでしょう。恐れ多くてあまり立ち入れない、そんな気分を持ちながらも立ち入ります。

    まずできるのがガジェットタワー、一体何台持っているのかというぐらいに積み上がって行き、そして最後には崩壊しました。まるでこれからのスカイツリーのようです。
    タブレットとかは一人一人標準装備みたいになっている現実は怖いものです。
    お酒も入りまくり、追い出されそうになりながら注文で粘ります。
    そして白飯にペリアアークが刺さったり、シリウスがパフェに乗っていたりしていました。
    怖いです、恐怖です。強烈です。

    『ガジェットは食べ物です』

    楽しかったこの一日もお別れを迎えるものです。
    酔ってふらふらになりながら高速バスに乗り込みました。

    さようなら東京!
    またこの暑い東京にくることはあるのでしょうか。
    出来れば涼しい東京にきたいものです。







     

    このページのトップヘ