このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    ドコモ契約してるならdカードGOLDを持て!というのは、今や少しずつ広まりつつあります。

    家族で何回線かまとめて、契約してシェアパックにするなら無くてはならない存在です。

    dカードGOLDは年会費10000円ながら、紐付けた回線についての独自のケータイ保証(10万円まで購入費用をサポート)、ドコモのオプションとしてある安心パックは月額それなりの値段がしますので、それと同様にカードでの保険がつくのであれば、割と悪くない内容です。

    そして、さらに紐付けた回線のケータイ料金の10%がdポイントで貰えるというのもあり、普通の家族でドコモを契約してる人は持ってるだけで年会費分は、ほぼ得をするのではないかと思います。

    そして、昨年総務省からありがたい指摘を貰った年間100万円台の利用で10800円、年間200万円以上の利用で21600円のケータイ購入の割引クーポンが貰えるというやつが、新しくご指導の裏をかいて復活しています。

    というので、お手紙が送られてきました。


    上質な封筒に入って、特別だと言わんばかりのspecial thanksと送られてきました。


    内容は選べるクーポン5種類、dTVターミナルをのぞいて10800円
    相当のクーポンです。

    ケータイ割引クーポン
    dファッションクーポン
    dトラベルクーポン
    dファッション&dトラベルクーポン(5400円ずつ)
    dTVターミナルクーポン

    総務省からの指摘もどこ吹く風、選べる種類増やせばよくね?ただし自社サービスに限る。という以前となんら変わらない優待を発行したドコモさん、さすがっす。

    私が選択するのは、これからiPhoneの時期にかけてということでケータイ割引クーポンです。


    10800円分、来年の5月まで有効期限があるので、頑張れそうな気がします。
    申し込みをしないとクーポンがもらえないというのが、いろいろ忘れそうな気がします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    Makuakeというクラウドファウンディングサイトで、支援したSIM CHANGER デルタが届きました。


    箱は潰れておらず、Twitterで話題の返品抑止のガチャには、大勝利したようです。


    本体的には、デザインを優先してるのか、Wi-Fiルーター並にでかく、カバンのポケットには入れづらいなという印象です。

    そんなのはさておき、実用性が一番の問題です。


    本体に入れるSIMはブリッジカードというそうで、Bluetoothで全部つながるっていうドコモ様の最新技術を利用してるらしいです。


    実用的に考えてみると、1時間ちょっと使ってみた印象としては、動作確認端末にない、Xperia XZで使ってみると、30秒おきにひたすらBluetoothの接続と切断を繰り返す代物で、APN設定にすら進みませんでした。

    Galaxy S6に入れ替えて設定に進むと、ちゃんと安定的にBluetoothに接続できるようになりました。

    動作確認端末以外でやると、何が起こるかわからない一癖や二癖ある製品なのでしょうか。

    とりあえず、アプリ内でのSIMの切り替えには一回もうまくいっていないので、そのあたりはソフトウエアの問題なのでしょうか。一旦スロットの選択を切断すると、ブリッジカードの接続も切れてしました。

    感想としては、アップデートに期待するしかない状況です。

    久しぶりに面白い(真顔 端末が登場してわくわくしています。

    このページのトップヘ