このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    Xperiaのイベントが5月某日、都内にて開催されたので行ってきました。
    まだ発売日前ではありましたが、開発機が1人1台手元に置かれ、自由にさわることができました。
    はっきりいって、これまでのXperiaとは違う、新しいXperiaだ!ということを非常に感じました。


    20190516_201226

    円形に並べられたXperiaが非常にいい感じを出してますね。
    そして今回、なんといってもその画面の大きさが、その美しさが!というのがぱっと見特徴です。
    カメラもすごいのですが、イベント当時はまだその美しさが最終調整中だったということで、画質は発売後に確認することにしましょう。
    一見では覚えられない、「よんけーゆーきいーえるしねまわいどでぃすぷれい」息継ぎ無しに読めますでしょうか。

    20190516_200919

    圧巻なのがこれまでの16:9の比率から、21:9の比率になったのが本当に全く世界観が異なります。

    20190516_201643

    目線が広がったというか、見た目とその情報量がより一目で確認できるようになったというのがいいところであり、スマホで見るすべてのデータがより、新鮮になるのではないかと思います。ここは特にこのペリワンの特徴なのかもしれません。


    20190516_200148


    そしてそんなXperiaの元年を象徴するように尾根遺産が、Xperia1のケーキをもってきてくれるというコーナーがあり、本当に盛り上がったイベントでした。尾根遺産を撮影できるイベントがあったのですが、尾根遺産が動いてもしっかり綺麗に撮影ができるXperiaはさすがです。
    日本での発売はまもなくということで、この暑いはじめての令和1年の夏にXperiaも1からスタートをみせてほしいと期待しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    「いつか、あたりまえになることを。」
    という書き出しでHPがはじまる会社はNTTドコモです。
    そして今日、ドコモから新料金プランが発表されました。
    携帯料金4割削減という、期待の高まる発表でしたが、そこでユーザーを待ち受けていた運命は・・・


    giga


    料金プランは2種類が準備されました。
    これまでのように基本料金、データ料金、ISP料金の3つ合計でのプランから、ギガホやギガライトという中に全部込みの価格となりました。このあたりはデータプランの基本料金が是正されたのではという一部声もありますが、果たしてシンプルになったけども安くなったのかというのはこれからの見極めが必要かもしれません。
    単純に変わったところといえば、シェアパックでこれまで家族で同じ容量をシェアしていたところから、1人ずつのプランとなったという点になります。シェアパック導入時にも言われていましたが、はやり家族で分け合うモデルというのは価格としての納得感がなく、家族であっても使った容量と金額負担の不公平性が潜んでいたのかもしれません。家族でパケットの責任を負う時代から、個人でパケットの責任を負う時代へと平成から令和へのバトンパスです。

    https://www.nttdocomo.co.jp/charge/promotion/gigaho_gigalite/?icid=CRP_TOP_mainPR_2019-0038_01


    ギガホプラン(1〜6の適用)
    料金プラン 1回線あたりの料金 割引額備考
    (1)ギガホ6,980円
    (2-a)みんなドコモ割(家族2回線)-500円適用時 aかbのいずれか適用
    (2-b)みんなドコモ割(家族3回線以上)-1,000円適用時 aかbのいずれか適用
    (3)ギガホ割-1,000円最大6ヶ月間割引
    (4)ドコモ光セット割-1,000円ドコモ光ミニは割引率が異なる
    (5)はじめてスマホ割-1,000円最大12ヶ月適用
    (6-a)5分無料オプション(通話)700円適用は任意
    (6-b)かけ放題オプション(通話)1,700円適用は任意


    ギガライト(1〜5の適用)
    料金プラン 1回線あたりの料金 割引額備考
    (1-a)ギガライト 〜1GB2,980円abcdいずれか適用
    (1-b)ギガライト 1〜3GB3,980円abcdいずれか適用
    (1-c)ギガライト 3〜5GB4,980円abcdいずれか適用
    (1-d)ギガライト 5〜7GB5,980円abcdいずれか適用
    (2-a)みんなドコモ割(家族2回線)-500円abいずれか適用
    (2-b)みんなドコモ割(家族3回線以上)-1,000円abいずれか適用
    (3-a)ドコモ光セット割(1〜3GB)-500円ドコモ光ミニは割引率が異なる
    (3-b)ドコモ光セット割(3〜7GB)-1,000円ドコモ光ミニは割引率が異なる
    (4)はじめてスマホ割-1,000円最大12ヶ月適用
    (5-a)5分無料オプション(通話)700円適用は任意
    (5-b)かけ放題オプション(通話)1,700円適用は任意

    という具合でそれぞれの料金プランでそれぞれの自分の適するパーツを選択するような組み立て方になります。最高の組み合わせだと6ヶ月間、ギガホプランは最大2,980円、ギガライトプランは最大980円にまで落とせます。ただし多くの人はせいぜいファミリー3回線組み合わせた、30GBのギガホプラン4,980円(6ヶ月後5,980円)が一番安く見えてしまうようになるのではないかと思います。
    段階制の最大7GBのプランも5,980円、30GBのプランは6,980円、価格差もほとんどなく、またギガライトプランは7GB超過後は最大128kbps、ギガホプランは30GB超過後も最大1Mbpsの通信速度ということで、使い終わったあとの速度が雲泥の差です。この1Mbpsが出るとでないのとではかなり違うということがあるので、一概に安いのが正義ともいえないです。

    毎月の割引面がこのプランではなくなってしまうので、これまで受けてきた月々サポートやdocomo withのサービスの適用をうけることができなくなってしまいます。
    端末分離、この料金で本当に適用するのということですが、私の家族の場合はなぜか新料金プランは高くなる状況です。ひとつ基準を示すのであれば、シェアパックをうまく家族で使っている人は一概に高くなるというのが今回の料金プランです。

    5Gがはじまる今、段階制の7GBの容量が一つの指針となるのか?それとも30GBが一つの指針となるのか、今後も快適なスマートフォンライフが送れるようにドコモのプランを見守っていきたいと思います。

    このページのトップヘ