• カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    KDDIより2018年の夏モデルが発表されました。
    XperiaやGalaxy、AQUOSといった定番のブランドから、日本では格安スマホの定番であるHUAWEIのブランドまで、幅広い用途にあったラインナップとなっています。

    xperia-xz2p_01_img
    xperia-xz2_01_img

    galaxy-s9p_01_imggalaxy-s9_01_img


    すでに本体価格も発表されている機種も多数あり、いつもと同じように高いという印象です。料金の一覧表をみていきたいと思います。


    2018summer


    とりあえず、表だけみれば発売定価が非常に高いかと思います。ドコモと比較すると若干だけ値段が抑えめになっている印象です。上位機種3機種(95,040円)と画面がでかい2機種、30,000円のミドルレンジの2機種での発売となってる印象です。
    通常のXperiaとGalaxyは安定の印象で、スペックやデザイン面などでは少しGalaxyが抜けているような状況ですが、再建がうまくいきはじめ本気出し始めたシャープもいい感じのモデルを投入してきています。またこの夏モデルで、HUAWEIのミドルレンジ機種がラインナップに加わったことです。格安スマホでは人気のこのモデルがキャリアでも使えることは3万円台という価格をみても力の入れようがわかります。
    価格だけみると、スマートフォンの二極化がさらに顕著に進んできた印象を思えます。
    スペックの詳細などは特設ページをご参照ください。
    KDDI夏モデル一覧ページ

    本体価格を48回にみせ月額料金を少しでも安く、また24ヶ月で機種変更する際の実質的本体代金上乗せとなる390円の仕組みは、いかにも不均衡でいつ刺されてもおかしくないような仕組みになっていると感じます。auを使い続ける場合、アップグレードプログラムを適用することは実質リース契約と変わらないと思って料金を見るべきではないかと思います。またスマートフォンを機種変更などされる際には、実質的に2年ごとリースの4年間縛られる契約体型というのが正しい理解かもしれません。

    しかしながら、ミドルレンジ機種なども投入され、極端にいうと二極化、いい感じにいうと価格帯にバリエーションが出ているこの混迷期、一度買うとなかなか買い換えられない時代だからこそ、自分にあったスマートフォンを探して、この1台をみつけていきましょう!


      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    東京のケータイショップでも人気のショップがありました。
    都内からは少し外れますが、ツイッターでの独特の表現もあり、プロからアマチュアの人まで人気を博していました。

    スマートフォンで一括0円などの表現が使えなくなったというのは、皆さんもお察しの通りでどういうようなツイートで紛れを残していたのかというのが気になるところです。
    ツイートがすべて消えてしまったので、今となってはお察しして意味を汲み取る必要があるかもしれませんが、一部の記憶を辿って思い出掘って行きたいと思います。
    あくまで自分の解釈であり、一般的な捉え方とは違う可能性はありますが、みなさんも様々な捉え方をして楽しんでみてください。

    <ツイート例>
    ■インド速報■

    #MNP 

    お客様と共に #感じる 

    #扇子 が #インド人プライス

    からの指定プランで

    #諭吉ブロマイド付き日銀ノベルティ

    弐名

    特価探しに疲れたらぜひ当店へ

    #カケホ #シェア子回線 OK

    ☎☎

    #もうこれでよくないですか
    #どなたか解説お願いします
    我々と #共 にある #銀河 に #矢 を放ちたい

    #MNP一括

    #ご覧の有様

    #インド人が作ったあの数字

    #様々な事情

    #ここで死にたくない
    #現金のご用意お願いします
    #施策適用不可の真の救世主…
    ■追い込まれ特価■

    #MNP

    #iPhone8
    #iPhone8Plus
    #iPhone7
    #iPhone7Plus

    #全色
    #全容量
    在庫限り

    #インド人が作ったあの数字
    #端末購入サポート

    シェアOPでOKカケホお願いします
    今からなら #稚内 #根室 #沖縄 からも来れます!
    ■緊急告知■

    ご愛顧戴きました

    #お察しくん ですが

    強烈な #北風 により

    #冬眠 することになりました

    いつ #啓蟄 を迎えるのかもわからぬような

    非常に過酷で絶望的な状況ですが

    皆様どうぞ健やかにお過ごし下さい

    #シベリアくん
    #オープン価格とは何だったのか
    #ソビエト社会主義共和国連邦

    『インド』
    インド人のいるお店という用語が使われており、インドは0という概念が生まれたというのはみなさんも世界史の授業で習ったことでしょう。それにともない書けないところをインドやインド人プライスと書くことで値段というのを知らしめていたことかと思います。

    『扇子』
    Arrows Sense SH-01K のことです。ドコモwithのプラン(毎月1500円割引)の対象機種となっており、ドコモのシェアパックの子回線として維持することで、月額280円での維持が可能です。また該当機種は都内某買取店で14,000円での買取がされています。同じ種類で「矢」はArrows「銀河」はGalaxy、林檎は「iPhone」と読み換えることも可能です。

    『諭吉ブロマイド付き日銀ノベリティ』
    1万円札に似た物だと思います。初めてノベリティ概念が使われたのは、2016年2月17日のauショップ溝ノ口のツイートだったと検索した限りではあるようです。

    『施策適用不可の救世主』
    ドコモで購入をしていると新規購入の際に審査があり、このブログを読んでいる人の多くは、購入サポートを使っての購入や月々サポートの適用ができないことがあります。しかしドコモwithのプランに関しては施策適用不可の状態でも毎月1500円割引を受けての購入が可能なため、施策適用不可でも購入が可能という意味となります。また関連し、預託金が必要な場合もあります。

    『北風』
    北プリンシパル

    『シベリア』
    価格統制された世界、自由な発言、自由な価格設定も許されなくなった2018年の携帯業界


    最後にかわいいインドのキャラクターと一緒に総務省の方を向いて、みなさんと過去をふりかってみたいと思います。

    お察しくん 2017年9月9日誕生
    DOenlZeUMAAiPUs


    ガイドラインくん 2018年1月13日誕生〜2月3日まで

    DUt9bqqV4AAJR0J



    クミんちゃん 2018年4月10日(お察しくんの妹設定)
    DaeoDsyV4AAyxY6


    シベリアくん 2018年4月11日誕生
    Dabya7PUMAArx4x


    さようなら、インド人のいるお店!!

    このページのトップヘ